OMOHARAREAL

くず餅の老舗「船橋屋」の新業態オープン、発酵と乳酸菌をテーマに「みずくずもち」など展開

OMOHARAREAL

表参道・原宿のインフォメーションメディア

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

発酵の力で体の内外から美と健康を追求

(2021/03/22)

2021年3月19日(金)、表参道駅から徒歩7分の路地裏にくず餅の老舗・船橋屋が発酵・乳酸菌をテーマにした新業態「BE:SIDE」をオープン。

船橋屋は江戸時代後期の文化2年(1805)に創業。梅や藤の見頃に参拝客で賑わう亀戸天神にて、湯で練った小麦デンプンをせいろで蒸した餅を売ったことが始まりだった(初代の出身地である下総国船橋は当時、良質な小麦の産地として知られていた)。

くず餅は小麦デンプンを乳酸発酵させて蒸し上げた発酵食品。船橋屋の場合は450日間かけて長期乳酸発酵させ、独特の歯ごたえと弾力を生み出している。この度オープンする新業態は、船橋屋が2010年にくず餅の発酵槽で発見した独自の乳酸菌「くず餅乳酸菌®」をテーマにした店舗。カフェ部門「SWEETS:SIDE」、美容部門「TREATMENT:SIDE」からくず餅乳酸菌®の魅力を発信する。

SWEETS:SIDEでは、くず餅乳酸菌®を使ったスイーツやドリンクを提供。つるんとした喉越しの「みずくずもち」や、季節のスムージーなどを楽しむことができる。テイクアウトも可能。

TREATMENT:SIDEでは、くず餅由来の化粧水を使ったエステを実施。パソコンやスマートフォンの使用によって溜まった脳疲労の解消サポートによって、顔のむくみや自律神経の乱れ、睡眠障害の改善が期待できるという。

日本古来の「発酵」という視点から美と健康を追求する船橋屋の新業態「BE:SIDE」。人々の健康に対する関心が高まっている今、表参道で始まった老舗の挑戦に注目だ。

■概要BE:SIDE オープン日:2021年3月19日(金)住所:東京都渋谷区神宮前3-14-6電話番号:03-6432-9323(SWEETS:SIDE)/ 070-1514-0582(TREATMENT:SIDE)営業時間:11:00〜18:00(SWEETS:SIDE)/11:00〜21:00(TREATMENT:SIDE)※いずれもLO・最終入店は1時間前

>>EDITOR’S VOICE“体の内側からの美しさ”に関心のある人は、南青山にあるグロッサリー&カフェ「L for You」もチェックしてほしい。「美腸・腸活」というテーマに焦点をあて、腸内環境に良い発酵食品、グルテンフリー食品、無農薬・自然栽培野菜などをメインに使ったヘルシーミールが楽しめる。

Text:Natsuno Aizawa

INFORMATION

住所東京都渋谷区神宮前3-14-6
電話03-6432-9323
営業時間11:00〜18:00(SWEETS:SIDE)/11:00〜21:00(TREATMENT:SIDE)
※いずれもLO・最終入店は1時間前

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング