OMOHARAREAL

「フリッツ・ハンセン」が外苑前に移転 隈研吾のポストモダン建築から新たな価値を発信

OMOHARAREAL

表参道・原宿のインフォメーションメディア

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

約150年の歴史を持つ老舗ブランド

2021年4月1日(木)、デンマークの家具ブランド、フリッツ・ハンセンの新たな拠点「FRITZ HANSEN TOKYO」が外苑前にオープンした。

フリッツ・ハンセンは1872年創業。アルネ・ヤコブセンら著名デザイナーとともに、スタッキングチェアの名作「セブンチェア」をはじめ数々のアイコニックな家具を世に送り出してきた。日本では、アジア唯一の直営店として北青山に「フリッツ・ハンセン青山本店」を構えていたが、このたび外苑前に店舗を移転。「FRITZ HANSEN TOKYO」と名前を変え、日本支社オフィス、注文家具のショールームとしての機能も集約されることとなった。

移転先は外苑西通りにそびえるビル「ドーリック南青山」。隈研吾によるポストモダン建築で、1991年に竣工した。印象的な柱は、ギリシャ建築に見られる「ドリス式オーダー(柱)」をモチーフにしたもの。店内は木のぬくもりと自然光によって、温かみを感じられる空間となっている。

新店舗では今後、他業種とのコラボやイベントなども実施予定。ブランドの創業以来、約150年にわたり築き上げてきた歴史を伝えながら、新たな価値を提供していくという。

外苑前は、表参道&原宿のなかでも特に多くのインテリアブランドやショップが集まるエリア。ここにデンマークの老舗であるフリッツ・ハンセンが加わったことで、ますます盛り上がりを見せそうだ。

■概要
FRITZ HANSEN TOKYO
オープン日:2021年4月1日(木)
住所:東京都港区南青山2-27-14 1-2F
TEL:03-3400-3107
営業時間:11:00〜19:00

>>EDITOR’S VOICE
隈研吾による建築が多数ある表参道&原宿。2021年2月にオープンした「イッタラ表参道 ストア&カフェ」も彼が手掛けている。温かみのある木材と、イッタラの源流である“ガラス”がミックスされた空間を堪能してほしい。

Text:Natsuno Aizawa

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング