Image by: ロニ・ホーン

Art

「孤独」がテーマのアーティスト、ロニ・ホーンの国内初個展がポーラ美術館で開催

Image by ロニ・ホーン
Image by: ロニ・ホーン

 女性アーティスト ロニ・ホーンが、ポーラ美術館で国内初となる個展を開催する。会期は9月18日から2022年3月30日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 ロニ・ホーンは1955年生まれ。「孤独」をテーマに写真や彫刻、ドローイング、本など様々なメディアを用いた作品を制作。南イングランドを流れるテムズ河の水面を切り取った写真シリーズや、6週間に渡りアイスランドの温泉で女性の表情の変化を記録したポートレート、島の地図をモチーフにしたドローイング、水鏡を思わせるガラスの彫刻などを発表してきた。

 同展では、ホーンの代表作であるガラスの彫刻作品をはじめ、1980年代から現在に至るまでの約40年間で制作された作品が展示される予定だという。

■ロニ・ホーン展(仮称)
会期:2021年9月18日(土)~ 2022年3月30日(水)
住所:神奈川県⾜柄下郡箱根町仙⽯原⼩塚⼭ 1285 ポーラ美術館
開館時間:9:00〜17:00(入館は 16:30 まで)
休館日:会期中無休 ※悪天候などによる臨時休館あり
公式サイト

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング