OMOHARAREAL

オリジナルサンダルの作成も、アシックスの今と未来を体験する「ASICS EXPERIENCE TOKYO」開催

OMOHARAREAL

表参道・原宿のインフォメーションメディア

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

アスリートとバーチャル対決や、オリジナルサンダルの作成も

(2021/07/29)

アシックスが、“今”と“未来”のアシックステクノロジーを体験できる「ASICS EXPERIENCE TOKYO(アシックスエクスペリエンス東京)」を、原宿 jingにて期間限定で開催中。2021年7月9日(金)〜9月8日(水)まで。「Sound Mind, Sound Body」をブランドタグラインに掲げ、創業以来培ってきた基礎研究とテクノロジーによって、アスリートのサポートを続けてきたアシックス。そんなアシックスの“今”と“未来”のテクノロジーを伝えるのが「ASICS EXPERIENCE TOKYO」だ。2つのテーマで構成されている本施設。1階の「TEAM REDⓇ EXPERIENCE(チームレッドエクスペリエンス)」では、東京2020公式応援グッズ「TEAMREDⓇCOLLECTION」の展示やフォトブース、バーチャルでアスリートと対決できるコンテンツ「ATHLETE CHALLENGE」を設置。卓球・石川佳純選手、バレーボール・西田有志選手、陸上短距離・桐生祥秀選手といった世界で活躍するアスリートの記録やパフォーマンスをぜひ体感してみて。2階の「FUTURE EXPERIENCE LAB(フューチャーエクスペリエンスラボ)」では、アシックスが「VISION2030」で掲げる3つのテーマ「デジタル」「パーソナル」「サステナブル」によって実現を目指す未来の一部を体験。その場で測定したランニングデータに基づいて「未来のランニングコーチ」が即座にフィードバックをくれるコンテンツや、歩行年齢の測定、足の長さや横幅・甲の高さ・かかとの傾斜などを計測し、自分の足にあったサンダルを作成・プレンゼントしてくれるコーナーも。そんな豪華コンテンツが揃う「ASICS EXPERIENCE TOKYO」ですが、なんと入場料は「無料」。入場にはアシックス無料会員サービス「OneASICS」への登録が必要なので、事前に公式サイトにて登録をしておくとスムーズなのでオススメ(当日入口にて登録も可能)。また、リアルタイムで混雑状況をチェックすることもできるので、空いている時間帯をあらかじめチェックしておくと、思い切り楽しめそう。■概要ASICS EXPERIENCE TOKYO開催期間:2021年7月9日(金)〜9月8日(水)時間:11:00-19:00 (状況により変更の可能性あり)場所:原宿 jing住所:東京都渋谷区神宮前6-35入場料:無料 (入場にはアシックス無料会員サービス「OneASICS」への登録が必要。公式サイトにて事前登録or当日入口にて登録できる)>>EDITOR’S VOICE原宿 jingから少し距離はあるけれど、外苑前のITOCHU SDGs STUDIOにて開催されている「捨てない。展」もぜひチェックして欲しいイベントの1つ。子供も大人もみんなで「廃材」の持つ可能性を考えることができる本展。個人的には、廃材を使った「廃材フォント」を作るミニワークショップが気になります!Text:Miwo Tsuji

INFORMATION
住所 東京都渋谷区神宮前6-35
営業時間 11:00-19:00 (状況により変更の可能性あり)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング