ISUTA

クラシック音楽を香り化するプロジェクト「ラニュイ」がスタート

ISUTA

オシャレを発信するニュースサイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

クラシック音楽を香り化するプロジェクト「La Nuit(ラニュイ)」が、9月21日(火)にスタート。

第1弾として、ブランド名の由来である、モーリス・ラヴェル作曲のピアノ曲『夜のガスパール』をイメージした香水セット、「夜のガスパール オードトワレ」が販売されています。

音楽と香りの融合「La Nuit」

ラヴェルのピアノ曲『夜のガスパール』は、3曲構成。

「La Nuit」の第1弾となるプロダクトでは、第1曲『オンディーヌ』、第2曲『絞首台』、第3曲『スカルボ』をそれぞれを香りで表現した、10mLのオードトワレ3本がセットになっています。

第1曲水の精が男を誘惑するストーリーの『オンディーヌ』は、トップ:ウォーターアコード、ミドル:スズラン、ラスト:バイオレットと、官能的。

第2曲吊られた男と鐘の音が交錯するスタティックな『絞首台』は、トップ:レザー、ミドル:エレミ、ラスト:シダーと、グロテスクで重厚。

第3曲真夜中に暴れ狂う小鬼を描いた『スカルボ』は、トップ:クローバー、ミドル:ネロリ、ラスト:オークモスと、スパイシー。 

香りの監修を手掛けたのは、“感覚の蘇生”をコンセプトに、香りと音を芸術表現に用いるアーティスト・和泉侃(いずみ・かん)氏。

自身のブランドや作品制作の他、ホテルやショップの空間や製品における、香りのデザインやディレクションを手がけているそうです。

クラシックの名曲が、どんな香りで表現されているのか気になりますね。

音楽好きの心をくすぐる仕掛けも

香水が入ったケースは、楽譜をイメージしたクラシカルな外装。内装はピアノの鍵盤をイメージしたデザインで、ビン下部を押すことで取り出せる仕様になっています。

音楽好きにはたまらない、細かいこだわりもうれしいポイントですよ。

付属するブックレットには、『夜のガスパール』をさらに楽しめるコンテンツが満載。

『夜のガスパール』の楽譜&解説や、曲の元となったアロイジウス・ベルトランの同名の詩、音楽家/文筆家の菊地成孔氏によるラヴェルと香りを巡るエッセイなど、ラヴェルの世界を深掘る内容になっています。

音楽だけでなく、読み物からも聴覚と嗅覚を刺激されるなんて、新しい体験ですよね。

幻想的なインスタグラムもチェック

また公式インスタグラム(@lanuit_fragrance)では、写真家・野村佐紀子氏が第3曲『スカルボ』の香りをイメージし、撮影した作品を公開中。

聴覚・嗅覚にビジュアルという視覚を加えることで、『夜のガスパール』を多層的に考察してみるのもおもしろいかもしれません。

このビジュアルプロジェクトは、今後もアート写真家と共にコラボレーションしていく予定とのこと。

「夜のガスパール オードトワレ」(税込1万8700円)は、オンラインサイトにて販売中です。特別装丁+ブックレットが付くのは初回限定のため、この機会をお見逃しなく!

「La Nuit」販売サイト
https://de-la-nuit.com/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング