ショートフィルム「Road to Creation」より
ショートフィルム「Road to Creation」より
Image by: パルファン・クリスチャン・ディオール

BeautyPromotion

吉沢亮と新木優子がディオールの研究員に 新作の美容液ローションに着想したショートムービーを制作

 「ディオール(DIOR)」が、ブランドの最先端の研究成果から開発した「カプチュール トータル」シリーズの新美容液ローションを2022年1月1日に発売する。新作にインスピレーションを得たショートフィルム「Road to Creation」を、1月4日にディオール公式オンラインブティックで公開。ディオール ビューティー アンバサダーを務める俳優の吉沢亮と新木優子がディオール研究員に扮し出演する。

ショートフィルム「Road to Creation」より Image by パルファン・クリスチャン・ディオール
ショートフィルム「Road to Creation」より
Image by: パルファン・クリスチャン・ディオール

 フィルムは映画「キングダム」などの作品で知られる映画制作会社CREDEUSが制作。同社の松橋真三が脚本とプロデュースを、吉沢と新木も出演した「悪と仮面のルール」を手掛けた中村哲平が監督を務め、音楽は作曲家の池頼広が担当するなど、日本映画界のトップクリエイターが集結した。吉沢と新木は近未来を思わせる"分断された"研究所で働く研究員で、新たに登場する「カプチュール トータル インテンシブ エッセンス ローション」が特別な瞬間を生み出し、ふたりが出会う喜びを描いたという。

 「カプチュール トータル」は、幹細胞に関して20年にわたって研究を重ねてきたディオールが加齢と共に、幹細胞の潜在的なエネルギーが50%減少してしまう現象に着目。そして今回さらに、細胞エネルギーの根元を支える機能が肌ストレスによって弱体化することを発見した。高い自己再生能力を持つ植物 ロンゴザの力を活用し、自然発酵の専門家と5年にわたりパートナーシップを組み、ロンゴザを10種の発酵微生物によって10日間発酵させた独自の「マルチ ファーメンティッド ロンゴザ」を開発し、高濃度で配合。処方の95%を自然由来成分で構成しているのも特徴だ。価格は税込8360円。

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング