ストライプインターナショナル公式サイトより
ストライプインターナショナル公式サイトより

Business

「アース ミュージック&エコロジー」展開のストライプが国内投資ファンドとの資本提携を発表

 ストライプインターナショナルが、プライベートエクイティファンド運営会社のティーキャピタルパートナーズ(以下、TCAP)と戦略的資本提携を結び、出資を受け入れたと発表した。

ストライプインターナショナル公式サイトより
ストライプインターナショナル公式サイトより
— ADの後に記事が続きます —

 TCAPは、東京海上日動火災保険の100%子会社である東京海上キャピタルが前身。現経営陣によるMBOを経て現在の社名となり、プライベートエクイティファンドを管理・運営している。これまでに28件の投資を行っており、コンシューマー・リテール分野でも豊富な投資実績を持つ。

 ストライプインターナショナルグループは、「アース ミュージック&エコロジー(earth music & ecology)」や「アメリカンホリック(AMERICAN HOLIC)」「サマンサ モスモス(Samansa Mos2)」「グリーンパークス(Green Parks)」など複数のライフスタイルブランドを展開。国内外の店舗数は2022年1月末時点で1500店舗を超えコロナ以前の24期には約900億円を超える売上を計上している。ただ新型コロナウイルスの感染拡大以降、小売を強みとする同社への業績ダメージは大きく、今年1月末に渋谷に構えていた「コエ(koé)」のホテル併設型グローバル旗艦店「ホテル コエ トーキョー(hotel koé tokyo)」を閉店。今月末にはストライプインターナショナルとソフトバンクの合弁会社ストライプデパートメントが運営するECサイト「ストライプデパートメント(STRIPE DEPARTMENT)」が閉鎖する。

ホテルコエトーキョー ストライプ 閉館

関連記事
ストライプ運営、渋谷の「ホテル コエ トーキョー」が閉館 約4年間営業

 資本提携締結に伴い、TCAPが管理・運営するプライベートエクイティファンドはストライプインターナショナルの株式を過半数超取得。出資額は非公表としている。ストライプインターナショナルは「昨今のコロナ感染拡大の影響も続く中、弊社を取り巻く業界環境も厳しい中、戦略的かつ資本的なパートナーとして、TCAPの豊富な投資実績に基づく経営ノウハウを活かし、より一層の企業価値向上を図っていく」とし、今後は既存ブランドを活かしたリテール・EC戦略に加えて、TCAPの経営ノウハウを活かした人材強化、海外戦略拡大、サステナビリティ戦略の推進に取り組むという。

ストライプインターナショナル 立花隆央社長

関連記事
【トップに聞く 2021】ストライプインターナショナル 立花隆央社長 アース ミュージック&エコロジーは値下げに踏み切る

資本業務提携ハンドブック
著: 戸嶋 浩二、熊谷 真和、伊藤 憲二、岡田 淳、酒井 真、金丸 祐子、園田 観希央、李 政潤、西尾 賢司、五島 隆文
編集: *
ブランド: 商事法務
メーカー: 商事法務
価格: ¥8,800(2022/03/11現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング