アトリエ・オイ「ベルト・バースツール」(右)
アトリエ・オイ「ベルト・バースツール」(右)
Image by: ルイ・ヴィトン

Lifestyle

ルイ・ヴィトン「オブジェ・ノマド コレクション」が誕生10周年 ミラノサローネで新作家具を披露

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が、ミラノサローネ国際家具見本市2022で家具とオブジェのコレクション「オブジェ・ノマド コレクション」の新作を発表する。展示期間は6月7日から12日まで。

アトリエ・オイ「ベルト・バースツール」(右) Image by ルイ・ヴィトン
アトリエ・オイ「ベルト・バースツール」(右)
Image by: ルイ・ヴィトン
— ADの後に記事が続きます —

 オブジェ・ノマド コレクションは2012年に誕生。これまでに吉岡徳仁、パトリシア・ウルキオラ(Patricia Urquiola)、インディア・マダヴィ(India Mahdavi)といった国際的に著名なデザイナーの作品を発表しており、60点以上のプロダクトを展開してきた。

 ミラノサローネでは同コレクションの新作5点を披露。コレクション創設時からオブジェ・ノマドに携わってきたスイスのデザインスタジオ「アトリエ・オイ」は、定番の「ベルト・チェア」から着想を得た「ベルト・ラウンジチェア」「ベルト・バースツール」「ベルト・サイドスツール」の3作品を発表する。帯状の上質なルイ・ヴィトンのレザーに、メゾンのバッグに使用されている真鍮のバックルを留めた座面となっている。

 ブラジルの兄弟デザイナーデュオであるフェルナンド・カンパーナとウンベルト・カンパーナは、ブラジルの結婚式や子どもたちのパーティーで提供される菓子の名前を冠したクッションを組み合わせたソファ「ボンボカ」の新バージョンとして、4人掛けのソファを制作。デザイナーデュオのロー・エッジズは、インドアおよびアウトドアの2つのバージョンを揃えた「コズミック・テーブル」を発表する。このほかミラノサローネ期間中、過去のコレクションの中から14人のデザイナーが手掛けた作品が並ぶ。

 オブジェ・ノマドの10周年を記念した企画として、アトリエ・オイがデザインしたレザー製の「オリガミ・フラワー」が、ミラノ中心部に登場する「ルイ・ヴィトン フラワーショップ」に展示される。

ルイ・ヴィトン 吉岡徳仁

関連記事
ルイ・ヴィトン、吉岡徳仁が手掛ける「ブロッサム・スツール」の新色発売

■ルイ・ヴィトン:公式サイト

Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2020年 12月号 [NEW NORMAL 居心地のいい家具。]
編集: カーサブルータス編集部
メーカー: マガジンハウス
発売日: 2021/02/09
価格: ¥790(2022/06/03現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング