ADVERTISING

通勤よりも価値ある活動が研究により判明

VICE JAPAN

通勤よりも価値ある活動が研究により判明

VICE JAPAN
世界35カ国以上に支部を持つユース向けWebメディア
VICE Japan

ADVERTISING

全員が原則出社に胸を痛めている。生産性の向上に繋がる通勤時間の削減をなぜ企業は無視するのか。

By Aaron Gordon Translated By Ai Nakayama TOKYO, JP

UCG / CONTRIBUTOR VIA GETTY

人々は通勤に使っていた時間を、運動や家族との時間をはじめとする、仕事以外のより健全で充実した活動に使っていることがニューヨーク連邦準備銀行(Federal Reserve Bank of New York)の研究で明らかになった。

それらのよりよい活動のなかでも主要なものは睡眠だ。同研究によると、すべての年齢層が通勤時よりも平均1時間長く眠ることができている。若年労働者は飲み屋に行ったり運動をしたりする時間がより長い傾向がある。年齢が上がると育児や食事の準備に時間を使うことを好むようだ。

研究の著者あとがきでは、本研究が「従業員たちがフレキシブルな勤務形態を好むことについてのさまざまな報告に説得力をもたせる」と述べられている。一般的に、従業員が在宅勤務を好むのは、より快適に働けるから、あるいはそんなに働かなくていいから、あるいは静かな退職ができるから、とされている。しかしニューヨーク連邦準備銀行の研究は、リモートワーク勤務を求める真の理由は通勤がないことと関連していると示唆している。米国の通勤時間はこの数十年で徐々に長くなってきた。米国国勢調査局によると、新型コロナウイルスのパンデミックの前、米国の労働者の通勤時間は1日あたり平均1時間だった。労働者の10人に1人が、1日あたり2時間以上も通勤にかけていた。現在在宅勤務をしている労働者たちは、浮いた時間で自らの生活をより豊かに、より充実したものにできる。かつて通勤に費やしていた時間。それは、時間が忘却の彼方へと沈んでいき、悲しきアスファルトの上を車で走りながら自らのはかない命について熟考するしかない苦行の場だった。あの時間は、もう幹線道路で無駄にされることはない。

ADVERTISING

SHORT VIDEO

ショートビデオ

LATEST RELATED ARTICLES

最新の関連記事

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

関西地区店舗 セールスコンサルタント

BALLY

関西地区店舗 セールスコンサルタント

年収

300万 〜 450万

詳細を見る

ジャーナル

「営業志望の自分がなぜ?」から始まったHRとしてのキャリア ― ビジネスにフォーカスした人事・...

「営業志望の自分がなぜ?」から始まったHRとしてのキャリア ― ビジネスにフォーカスした人事・...

記事を読む

求人

店舗スタッフ

CRAFSTO

店舗スタッフ

年収

240万 〜 499万

詳細を見る

ジャーナル

PUMAが「GLOBAL TOP EMPLOYER IN 2023」を受賞

PUMAが「GLOBAL TOP EMPLOYER IN 2023」を受賞

記事を読む

ジャーナル

医療用ガウンを10万着生産! 職人やデザイナーなど未来のクリエイター発掘も手掛けるベンチャー企...

医療用ガウンを10万着生産! 職人やデザイナーなど未来のクリエイター発掘も手掛けるベンチャー企...

記事を読む

ジャーナル

ホスピタリティ業界にイノベーションを。日本の観光価値を高める新たな挑戦

ホスピタリティ業界にイノベーションを。日本の観光価値を高める新たな挑戦

記事を読む

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント