NYブルックリンが今なぜ注目されているのか?ブームを読み解く

■エコ志向とサーフカルチャー

 エコ志向が根付いているのも、ブルックリンの傾向と言える。自転車での移動は在住者の常識。自転車ブランド「BROOKLYN MACHINE WORKS(ブルックリン マシン ワークス)」は、今もブルックリンに本社を構える。「UNIQLO(ユニクロ)」は同ブランドとコラボレートして、グラフィックTシャツやパーカを企画した。

>>BROOKLYN MACHINE WORKS 公式サイト

 セレクトショップの「ビームス(BEAMS)」が長年、リスペクトしているショップがブルックリンにある。「ピルグリム サーフ+サプライ(Pilgrim Surf + Supply)」はサーフカルチャーを取り入れたライフスタイルを提案しているセレクトショップだ。14年には「ビームス 原宿」内のレジデンスストアとして「ピルグリム サーフ+サプライ」を迎えた。南端にビーチリゾート地のコニーアイランドを持つブルックリンはビーチカルチャーが根付いている点でもマンハッタンとは異なる。

>>Pilgrim Surf + Supply 公式サイト

 ブルックリンに惹かれる気分は国境を越えた。ストリート系ブランド「ブルックリン ウィ ゴー ハード(Brooklyn We Go Hard)」は、パリ発なのにブルックリンをうたう。複雑な顔を持つブルックリンにインスパイアされつつ、パリらしいフレンチモダンも漂わせるクリエーションが人気を博している。

>>Brooklyn We Go Hard 公式サイト

■映画やドラマの舞台に

 映画やテレビドラマでも、ブルックリンを舞台に選ぶ例が増えつつある。女優キーラ・ナイトレイがミュージシャン役で主演した映画『はじまりのうた』(2月7日公開)にも、ブルックリンの中心街に当たるウィリアムスバーグが登場する。恋人と別れて失意の駆け出しミュージシャンが落ち目の音楽プロデューサーと組んで手作りデビューに挑むストーリーだ。1月に発表された米ゴールデン・グローブ賞では、ブルックリンを舞台にしたドラマ『The Affair』がドラマ部門の作品賞と主演女優賞を受賞。警察コメディ『Brooklyn Nine-Nine』も高視聴率を得ている。

blc_movie01_004.jpg


はじまりのうた(2015年2月7日よりシネクイント、新宿ピカデリーほか全国公開)配給:ポニーキャニオン ©2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED

 映画『プラダを着た悪魔』のスタッフと、この映画でモード誌の新米編集者役に扮した女優アン・ハサウェイが9年ぶりに再び組んだ映画『ブルックリンの恋人たち』(3月13日公開)でも、ブルックリンの雰囲気が写し取られている。インディーズ系ライブハウスが多いのもこの地域の特徴で、ライブハウス巡りを楽しむ主人公たちの姿が描かれている。映画では過剰に着飾らず、自然体で暮らす地元の人たちの着こなしも目に残る。

blc_movie01_002.jpg


ブルックリンの恋人たち(3月13日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開)配給・宣伝:ファントム・フィルム © 2014 Song One Funding LLC All Rights Reserved

 大量生産やマーケティング偏重に背中を向け、地元志向、手仕事重視という特質を持つブルックリンのものづくりは、生活者の目線に近い。急速に人気が出て、かつてのブルックリンらしさが薄れつつあると指摘されてはいるものの、地に足の着いたクリエーションを目指す態度は、流行に踊らされない消費者から根強い支持を受けていて、日本でも2015年にはブルックリンブームが起こりそうな気配がある。

(文:ファッションジャーナリスト 宮田理江


宮田理江 - ファッションジャーナリスト -
 複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積み、バイヤー、プレスを経験後、ファッションジャーナリストへ。新聞や雑誌、テレビなど数々のメディアでコレクションのリポート、トレンドの解説などを手掛ける。コメント提供や記事執筆のほかに、企業・商品ブランディング、広告、イベント出演、セミナーなどを幅広くこなす。著書にファッション指南書『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』がある(共に学研)。  http://fashionbible.cocolog-nifty.com/blog/

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング