ファッションショーがぐっと身近に

 ファッションショーがぐっと身近になってきた。招待客や関係者だけの特権とされてきたが、第10回を迎えた「東京ガールズコレクション(TGC)」をきっかけに、一般参加型のショーが定着。映画館での上映やショップ内開催も始まった。TGCは4月に沖縄県での出張開催が予定されていて、この動きは首都圏以外にも飛び火しそうだ。

 東京コレクション終了の翌日、「Hidenobu Yasui(ヒデノブヤスイ)」は2010-11年秋冬の最新作をウェブサイトで公開した。ランウェイショーは開かず、数分間のイメージ映像を上映。作品の世界観を伝えた。アクセスは業界関係者に限定されておらず、閉じた場だった東コレに新しい風を吹き込んだ。

""

Hidenobu Yasui 2010-11 AW Collection


 TGCは4月24日、沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)で「東京ガールズコレクションin沖縄(TGC in 沖縄)」を開く。TGCが国内の地方都市で開催されるのは、これが初めてだ。

 「日本のリアルクローズを世界へ」をテーマに掲げ、2005年夏から年2回のペースで開催しているTGCは、単一会場でのファッションイベントとしては世界にも例のない最大級の規模を誇る。雑誌でおなじみの人気モデルが巨大会場内のランウェイで、日本のリアルクローズブランドを披露する演出が受けて、直近の第10回(横浜アリーナ、3月6日)では、過去最高の2万5,500人の来場者で盛り上がった。ショーで今、見たばかりのアイテムを、その場で携帯電話から買える仕掛けも、ファッション流通の新手法と言える。

""

第10回東京ガールズコレクション(TGC)

 
 日本で最も海開きが早い沖縄という地の利を生かして、「TGC in 沖縄」では春真っ盛りに夏物をモデルに着せて、シーズンを先取り。水着やリゾートファッションなども打ち出し、首都圏開催との違いを際立たせる。チケットと優先入場権などを組み合わせたパッケージツアーも組まれている。

 逆に、首都圏で出張開催されたのが、「神戸コレクション2010 SPRING / SUMMER」の東京公演。グランドプリンスホテル新高輪で3月13日、開催されたショーには、国内外の37ブランドが参加した。こちらは今回で第16回を数えるリアルクローズ・イベント。神戸を3月にオープンして関西上陸を果たしたばかりの「BARNEYS NEW YORK(バーニーズ ニューヨーク」も参加した上、フランスの老舗メゾンの「Yves Saint Laurent(イヴ サンローラン)」もショーを開いた。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング