Lifestyle まとめ

圧倒的スケールの6ブランドがギンザ シックスの"顔"に【ショップガイド】

※クリックすると詳細ページに飛びます

  ▶︎ House of Dior
  ▶︎ CÉLINE
  ▶︎ SAINT LAURENT
  ▶︎ Van Cleef & Arpels
  ▶︎ VALENTINO
  ▶︎ FENDI

■ SAINT LAURENT

 「サンローラン」は、地下1階のメンズ、1階のウィメンズ、2階のバッグ・シューズの3フロア構成。表参道の旗艦店と同様に最新のストアコンセプトを採用し、白と黒のマーブルやアールデコとミニマリズムを基調とした内装に仕上がっています。

saint lauren-20170405_001.jpg

saint lauren-20170413_004.jpgsaint lauren-20170413_002.jpg メンズでは、新クリエーティブディレクターに就任したアンソニー・ヴァカレロ(Anthony Vaccarello)による初のシグニチャーバッグが登場。トートやボストンなど様々な用途で使える「ID BAG」が店頭に並びます。

saint lauren-20161214_013.jpg
 ウィメンズではヴァカレロと親交の深いモデルのアニヤ・ルービック(Anja Rubik)が名前の由来となり、ムッシュ イヴ・サンローランのアーカイブからタッセルやフリンジなどの装飾使いにフィーチャーした巾着型のバッグ「アニヤ(ANJA)」が限定で発売。スエード素材に伝統的なディティールをあしらったもの、ハートと星のモチーフがスタッズであしらわれたもの、アーカイブコレクションの柄を忠実に再現したファブリックの3タイプがラインナップします。

saintlauren.jpg そのほか店舗限定アイテムとして青地に金糸で 「LOVE TOKYO」の文字が刺繍されたパッチが縫い付けられたミリタリージャケットやバックパック、タイニーウォレットに加え、カレッジロゴデザインの上下に 「SAINT LAURENT TOKYO」、内側には「GINZA SAINT LAURENT」と裏プリントされたTシャツなども販売します。

saintlauren2.jpg

画像クレジット:Courtesy of Saint Laurent



■ Van Cleef & Arpels

 ハイジュエリーメゾン「ヴァン クリーフ&アーペル」は、日本最大級となる店舗を3フロアで構成。昨春に銀座3丁目にオープンした本店では主に一点もののジュエリーを扱う一方、ギンザ シックスではよりオープンな空間でジュエリーとウオッチを総合的に展開します。ファサードは金沢の職人が手がけたという、マットと光沢のある2種類の金箔を組み合わせた外壁で、時間の経過とともに色の濃淡が変化するのも特徴。


highbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_096.jpghighbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_095.jpg 2階は銀座という土地柄、ブライダルジュエリーを探し求めるカップルが多いことから、日本で初となるブライダルコレクションを専門的に扱うフロアに。

highbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_097.jpg 1968年に誕生したメゾンを象徴する幸運のモチーフ「アルハンブラ」をはじめ、ハート型の花びらをかたどった「フリボル」などのほか、「ブトン ドール」の新コレクションを11月の発売に先駆けて販売します。

highbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_100.jpg

次のページ>>重厚感漂う「ヴァレンティノ」、ファーツリーが目を引く「フェンディ」

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング