Lifestyle まとめ

圧倒的スケールの6ブランドがギンザ シックスの"顔"に【ショップガイド】

※クリックすると詳細ページに飛びます

  ▶︎ House of Dior
  ▶︎ CÉLINE
  ▶︎ SAINT LAURENT
  ▶︎ Van Cleef & Arpels
  ▶︎ VALENTINO
  ▶︎ FENDI

■ VALENTINO

 「ヴァレンティノ」は全5フロア、計885平方メートルからなる日本最大級の旗艦店をオープン。店舗はイギリス人建築家のデイヴィッド・チッパーフィールド(David Chipperfield)とクリエーティブディレクターのピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)が作り上げたストアコンセプトを採用しました。カララマーブルの巨大円柱や、ヴェネチアンテラゾーで統一された床や壁で重厚感のある空間の中に、沖縄のカシワバゴムノキがフレッシュさをもたらします。真鍮でできたエレベーターも特注で、乗ると異空間に導かれるような感覚に。

highbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_075.jpghighbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_077.jpg メンズは地下1階と4階の2フロアにわたり展開し、ウィメンズと同様にプレタポルテ、シューズ、バッグ、アクセサリー、フレグランスのフルカテゴリがそろいます。

highbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_094.jpghighbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_078.jpghighbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_084.jpghighbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_089.jpg オープン時には、メンズ・ウィメンズ共にパンサーモチーフのアイテムが多数登場。ギンザ シックス限定のエメラルドグリーンのチェーンストラップ付きバッグをはじめ、パンサーモチーフがあしらわれたウエア、シューズ、クラッチやストラップ、ポーチ、リップスティック付きミラーなどの小物もラインナップします。

highbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_076.jpghighbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_079.jpg ファサードは、"向こう側を見通し、通り抜けることもできる布製の仕切り"である「のれん」本来の役割に着目し、独自に解釈。堅いアルミシートのストレッチドメタルメッシュを採用し、内側からも外側からも見通すことができ、明るい光を取り込む構造になっています。

highbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_090.jpg

■ FENDI

 人通りの多い銀座3丁目の交差点から一番最初に目に入る店舗が「フェンディ」です。ファサードはブランドが本社を構えるローマの記念碑的建造物「イタリア文明宮(Palazzo della Civiltà Italiana)」のアーチを表現し、店舗はディオールと同様、本館から独立した形式の店舗となります。4フロア計700平方メートル超の内装は、銀座3丁目のポップアップストアFENDI GINZA(ギンザ シックスオープン前にクローズ予定)と色調を変え、ブランド生誕の地であるローマを意識した落ち着いた雰囲気の内装に仕上がっています。

gaikann-ginzasix-04-14-17-20170414_001.jpghighbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_048.jpg 1階の正面付近の吹き抜けには、ポップアップストアFENDI GINZAに引き続きフラワーアーティスト東信による巨大オブジェ「ファーツリー」が設置され、来店客を迎えます。ウィンドーディスプレーとしてもストアの目印となるツリーは、季節によってファーの色を変えていくそう。

highbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_049.jpg 1階正面奥のスペースには1万7,500個のスパイクが手作業で取り付けられた「スパイクウォール」が壁面のディスプレイとして用いられています。またオープン記念ではミニサイズのバッグ「セレリアミニピーカブー」を4カラーで展開。「フェンディ ワンダーズ」などのファーチャームやアクセサリーなども並びます。

highbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_069.jpg
highbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_068.jpghighbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_065.jpg 地下1階はメンズ、2階はシューズ・プレタポルテ、そして3階ではブランドとして世界で初めてファーウエアのメイド・トゥ・オーダーのサービスを提供。アウター5型をベースに、ポケットなどの部分ファーや色をセレクトし、オーダーに基づき職人が2カ月から4カ月をかけて好みの1着を完成させます。

highbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_060.jpghighbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_063.jpghighbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_051.jpghighbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_054.jpg

highbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_055.jpghighbrand-ginzasix-04-14-17-zzz-20170414_056.jpg 店内には50年代のヴィンテージファブリックを使用した椅子が置かれ、螺旋階段の中心にはリンゼイ・アデルマンに特注したシャンデリアが吊るされるなど、家具や照明もレトロシックな雰囲気。今月27日にオープンを控える表参道店はフェンディのキャラクターを登場させるなどカラフルで遊び心を取り入れた店舗になる予定で、銀座と表参道でそれぞれ異なるムードが楽しめそうです。

関連記事>>フェンディが国内最大級の旗艦店をGINZA SIXにオープン、世界初のサービスも

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング