欧州最大コンテストでグランプリを獲るためにしたことは?優勝者に聞く

奥田浩太が中里周子に提出した資料
奥田浩太が中里周子に提出した資料

 イタリアで開催された欧州最大のファッションコンテスト「イッツ(ITS)」2015で奥田浩太(KOTA OKUDA)と片岡弘生がグランプリを獲得した。ファッションデザインにおいては一般的にセンスや才能が重要視されるが、24歳の日本人デザイナー奥田浩太はコンテンストに向け、様々な"傾向と対策"を実践。審査傾向に合わせ、自身のクリエイションにも手を加えたという。グランプリ獲得に至るまで、同氏は何を考えどういったアクションを起こしたのか?

 

 新人デザイナーの登竜門として世界的に注目されているイッツは、クリエイションに特化したファッションコンテストで、これまで「ここのがっこう(coconogacco)」出身の西山高士佐藤友浩、メンズデザイナーの鈴木一郎など多くの日本人がグランプリを獲得している。今年グランプリを受賞した奥田浩太はロンドンのセントラル・ セントマーチン美術大学在学中のデザイナーで、新潟県出身の24歳。セントラル・ セントマーチン美術大学はファッションの名門として知られているが、同校からのジュエリー部門のグランプリ受賞者は今回が初めてだという。

okuda20150721a_001.jpg

其の一:ブレないコンセプトを作る

 奥田浩太は今回の作品ついて「コンセプトの『過去と未来の"開拓"』を何度も練り直し、自分の表現や世界観に深みを持たせることと、いかに分かりやすく仕上げるかということを意識しました。スワロフスキーの新しい見せ方を提案するため、透明アクリルと革でクリスタルを挟み、意図的に輝きを抑え従来とは違う見せ方ができたと思います」と自身のクリエイションについて解説。イギリスの古き良き帝国主義的思想や王室関係、歴史的背景からコンセプトを組み上げ、主に革作品が中心の"過去編"では、イギリスが新世界を求め、未開拓のアメリカ大陸へ渡る開拓精神を表現。アクリルや金属作品が中心の"未来編"では、宇宙開発や宇宙へ飛び立つ気概を表現したという。

其の二:作品の良さを伝えるための表現の工夫

 また審査員へのプレゼンテーションも工夫したようで、「自分のリサーチ資料を上手くコラージュして、コンセプトを7枚のスライドに視覚化しました。プレゼン当日はA3紙にプリントしたスライドを紙芝居形式で発表し、先ず自分の世界観に引き込もうと意識しましたね。学校で何度もプレゼンやインタビューを実践していたので、不安なく本番に臨めました」と語っている。ポートフォリオに関しては、全てオリジナルで構成、印刷、製本。紙質にもこだわっており、"過去編"では黄色味のある粗く固い150gの紙を、"未来編"では白で滑らかな120gの紙を使用した。「審査員の方が資料をめくる時、些細な印象も大事になると思ったので紙の繊維方向も意識しました」と作品をよく見せるため徹底的にこだわり抜いた。

其の三:行動力

 奥田浩太について前回イッツのグランプリを獲得した中里周子は「初めて彼に会ったのは今年の2月にロンドンの日本大使館で行われた『CRASH POP』という展示のときだったのですが、そのとき急にイッツのジュエリー部門に出したいので作品を見てくださいと言われました。それで私が宿泊している施設までポートフォリオを持ってきて。ヴィジュアルが固いなどの指摘をしたんですが、数ヶ月後に作品を見せてもらうと格段に良くなっていてとても感激したことを覚えています」と当時を振り返っている。中里周子は今年の他の日本人ファイナリストにも様々なアドバイスを送ったようだが、同氏だけコンテスト直前にもプレゼンで質問される内容について助言を求めてきたという。

okuda20150721a_002.jpg

其の四:傾向と対策

 奥田浩太は、「セントラル・ セントマーチン ジュエリー科から『イッツ』のファイナリストに残った人は自分を含め過去に5~6人で、まだまだ情報が少なく勝手が分かりませんでした。中里さんから臨場感のある体験談や出来事、審査傾向のアドバイスを貰えたことがとても参考になりましたし、プレゼン前日には、中里さんから応援メールを頂き励みになりました」と"傾向と対策"の重要性を強調。これまで同氏の作品は、ファインアートやドイツやオランダを中心とするコンテンポラリージュエリーシーンを意識したコンセプチュアルな作品が多かったが、今回はよりファッションに寄せたようで、「自分のスタイルや発想は以前と同じままで、アウトプットの印象でファッションを強く感じさせるような見た目の作品づくりを意識したことが良かったのではないかと思っています」とグランプリを受賞できた理由について自己分析している。なお同氏は今後、欧米を中心に活動していく予定で、直近ではニューヨークのパーソンズ美術大学を卒業し、今年のNYファッションウィークに参加する予定の川西遼平の卒業コレクションに合わせたジュエリーを制作する。

HP

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング