【まとめ】今なお支持され続ける東京の名画座11選

 皆さんは「名画座」を知っていますか?名画座と聞くと堅いイメージがありますが、主に旧作映画を上映する映画館のことです。過去の作品を大きいスクリーンで見られるところが特徴的ですが、テーマ別に特集を組んだり、比較的新しい映画を中心に上映したりと様々な企画が揃えてあります。2・3本立てで上映することが多く、入場料金は1,000円前後。全国的に館数は減少傾向にありますが、そんな中でも、今なお東京で支持され続けている名画座を紹介します。

— ADの後に記事が続きます —


■早稲田松竹映画劇場

matome_meigaza-20140828_008.jpg

高田馬場にある「早稲田松竹映画劇場」は、1951年創立と東京都内でも歴史ある名画座。毎日2本立てで映画を上映しています。こちらでは、外出証を発行してもらうと1本目と2本目の間に劇場外で食事をしたり買い物に出かけたりすることができるそう。独特のルールが名画座ならではですね。

 入場料金:一般1,300円 学生1,100円 シニア・小学生900円
 住所:新宿区高田馬場1-5-16
 HP:http://www.wasedashochiku.co.jp/


■神保町シアター

matome_meigaza-20140828_010.jpg

古くから本の街として親しまれている街、神保町。そのメインストリートであるすずらん通りを横道にそれたところにあるのが「神保町シアター」です。劇場では、昭和の懐かしい映画を中心としたプログラムが組まれ、1日ごとに上映作品の組み合わせが変わるのが特徴。文化的な神保町の町に生き続ける、趣ある映画館です。

 入場料金:一般1,200円 シニア1,000円 学生800円
 住所:東京都千代田区神田神保町1-23
 HP:http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/


■飯田橋ギンレイホール

matome_meigaza-20140828_001.jpg

「飯田橋ギンレイホール」は、1974年にスタートした名画座。上映は2本立てで、日本・アメリカをはじめ、アジアやヨーロッパの作品などを上映する「国境なきラインアップ」がファンから人気です。そしてギンレイ・シネマクラブに入会すると、なんと年間10,800円で何本でも映画を観られるシネパスポートを発行可能。映画好きにはたまらない名画座です。

 入場料金:一般1,500円 シニア1,000円 学生1,200円
 住所:東京都新宿区神楽坂2-19
 HP:http://www.ginreihall.com/


■目黒シネマ

matome_meigaza-20140828_009.jpg

目黒駅すぐの場所にあり、比較的新しい作品を中心に2本立てで作品を上映しています。ロビーに映画関連図書の貸し出しコーナーを設けているほか、上映作品にちなんだスタッフ手彫りの消しゴムハンコがおいてあったりと他の映画館とは違う気配りが嬉しいですね。

 料金:一般 1,500円 学生 1,200円 シニア 900円
 住所:東京都品川区上大崎2-24-15 目黒西口ビル地下1階
 HP:http://www.okura-movie.co.jp/meguro_cinema/


■新文芸坐

matome_meigaza-20140828_007.jpg

1997年に一度閉館した名画座「文芸坐」の跡地に建ったビル3階のテナントとして、2000年に再びオープンしたのが「新文芸坐」。邦画洋画と新旧作を取り混ぜた2本立てで上映しています。毎週土曜夜はオールナイト上映を実施したり、スクリーンの前を高座に見立てた落語会も開催するなど多彩なイベントが豊富で見逃せません。

 料金: 一般1,300円 学生1,200円 友の会1,050円 シニア・身障者・小学生以下(3歳以上)1,050円
 住所:東京都豊島区東池袋1-43-5 マルハン池袋ビル3F
 HP:http://www.shin-bungeiza.com/


■キネカ大森

matome_meigaza-20140828_002.jpg

大森駅向かいの西友の中に入っている、3スクリーンのミニシアター。当初は通常の新作映画のみの上映でしたが、2013年12月に「名画座始めました。」と題して名画の2本立て上映をレギュラー化し、名画座としての営業を開始しました。上映作品にちなんだイベント、トークショーなども頻繁に開催され、チャイルドシートの貸し出しもあり、あらゆる世代が楽しめる名画座となっています。

 料金: (名画座料金)一般1,300円 学生1,000円 シニア 1,100円 幼児(3歳以上)1,000円
 住所:東京都品川区南大井6-27-25 西友大森店5階
 HP:http://www.ttcg.jp/cineka_omori/


■シネマヴェーラ渋谷

matome_meigaza-20140828_003.jpg

2006年1月にオープンした、邦画を中心とした名画座。1週間ごとに2作品ずつ映画を上映しています。ジャンルは古典から現代作品、また香港映画から古めのハリウッド映画まで。大学・高校生は800円、中学生以下は500円という手頃な料金設定が目玉で、「若い観客に見に来てもらえる映画館」を目指しているそうです。

 料金: 一般1,400円 シニア・会員1,000円 大学高校生800円 中学生以下500円
 住所:東京都渋谷区円山町1‐5 KINOHAUS(キノハウス)4F
 HP:http://www.cinemavera.com/


■下高井戸シネマ

matome_meigaza-20140828_006.jpg

ごく普通のマンションの2階にある、隠れ家的な雰囲気のある映画館。基本的には1本立てですが、モーニングショーやレイトショーなどの特集上映も行っています。女性の来館客が多いこともあり、上映作品は比較的女性が観ても楽しめるような作品がメインとなっているそうです。火曜日のレディースデーは、女性1,000円で鑑賞可能。

 料金: 一般1,000〜1,800円 大学・専門1,000〜1,500円、高校生1,000円
    シニア(60才以上)・中学生・小学生1,000円、会員900円
 住所:東京都世田谷区松原3-27-26
 http://www.shimotakaidocinema.com/


■ラピュタ阿佐ヶ谷

matome_meigaza-20140828_005.jpg

住宅地の真ん中に突然現れるユニークな見た目が面白い「ラピュタ阿佐ヶ谷」は、木と石で作られた、わずか50席しかない小さな名画座です。その名の通りオープン当初はアニメ映画専門店としてスタートしましたが、今では日本映画をメインにラインナップ。通常興行とレイトショーを合わせて1日に6本の作品を上映しています。

 料金:一般1,200円 シニア・学生1,000円 会員800円 3回券2,700円
 住所:東京都杉並区阿佐谷北2−12−21 ラピュタビル
 HP:http://www.laputa-jp.com/


■東京国立美術館フィルムセンター

matome_meigaza-20140828_004.jpg

国立機関唯一のフィルムライブラリーとして、国内外の作品を企画上映している名画座。ここでは、貴重な作品を格安で鑑賞できるのが最大の魅力です。大ホールと小ホールでは企画ごとに1日2〜3回の上映が行われています。図書館や映画に関する資料展示室も併設されています。

 料金:一般520円 高校・大学生・シニア(65歳以上)310円 小・中学生100円
 住所:東京都中央区京橋3-7-6
 HP:http://www.momat.go.jp/


■シネマブルースタジオ

matome_meigaza_z001.jpg

北千住にある複合施設・東京芸術センターの中にある映画スタジオ形式の名画座。外見からでは名画座という印象はあまり受けませんが、古い邦画を中心にヨーロッパ映画も扱っています。特集を組んで上映するため、1度しか上映しない作品もあるそう。「友の会」に入会するとお得な招待券を手に入れることができますよ。

 料金:一般1,000円
 住所:東京都足立区千住1-4-1
 HP:http://www.art-center.jp/


 名画座と一口に言っても、その大きさや歴史の長さは様々です。気になる作品を見つけた際は、是非足を運んでみてください。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング