モード系男子にメンズスカートが人気。

— ADの後に記事が続きます —

男性が着用するスカートといえば16世紀までさかのぼることができ、スコットランドのハイランド地方などで伝統的な民族衣装「キルト」として着用されていたという。当時はひざ上の短い丈で色鮮やかなタータンチェック柄の布で作られており、巻きスカートのような形状だった。ちなみに現在人気の柄「タータンチェック」はハイランド地方が起源だと言われている。

 1990〜2000年には原宿でもタータンチェックのボンテージパンツの上に同柄の着丈の短いエプロンのようなスカートを履いているパンク愛好者もいたが、パンクブームの衰退とともに今ではすっかり目にする機会が減った。

 そのかわりに台頭したのが、モード系メンズスカート。単色でくるぶしまでカバーされるくらい丈が長く、裾に近づくにつれて緩やかに広がる「Aライン」シルエットが特徴だ。柄ものなどは

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング