【試飲レビュー】ついに上陸 スタバ史上最高のコーヒー「リザーブ」

 まるで最高級のカシミアのようにプレミアムなスターバックスの新しいコーヒーブランド「STARBUCKS RESERVE(スターバックス リザーブ)」が、北米に次いで日本で展開をスタートする。15年前に1度だけ日本で販売されたという幻の熟成豆 "エイジド" の冠が付いたコーヒーを含めた4種類が、2011年2月23日より限られた店舗にて提供開始。その記念すべき日の前夜に開催されたテイスティングパーティーにて、一足早く体験したプレミアムなコーヒーの味わいをお届けする。

 「スターバックス リザーブ」とは、世界でも希少性が高く高品質なコーヒー豆とこだわりの製法により完成する、数量限定・店舗限定のスタバ最高級ライン。流通量が極めて少なく、それぞれが個性的なストーリーを持ったコーヒー豆が、目利きのバイヤーにより選び抜かれた。これと同時に、新しい抽出方法「Clover(クローバー)」も上陸。展開店舗ではオーダー毎に豆を挽き、バリスタが一杯ずつ抽出するというこだわりのスタイルで提供される。

 テイスティングパーティーは、展開スタートの2月23日と同日にリニューアルオープンする「スターバックス コーヒー 銀座マロニエ通り店」で開催された。エキゾチックな内装にイメージを一新した店内に入ると、高いスキルを持ったバリスタ "ブラックエプロン" の称号を持つスタッフがズラリと並んでお出迎え。"PREMIUM"というドレスコードに従い、ファッショナブルな装いのゲストらが次々と来場した。
starbucks_reserve_debut_08.jpg


 早速、日本初上陸の4種類の豆を紹介してもらった。まずは、"ピーベリー"という丸みを帯びた希少な豆「ブラジル スール デ ミナス ピーベリー」。ナッツのような香ばしさやまろやかな酸味が感じられるエキゾチックな味わいが特徴とのこと。豊かな風味が鼻と舌を刺激する。
starbucks_reserve_debut_02.jpg

STARBUCKS RESERVE ブラジル スール デ ミナス ピーベリー


 次に、チョコレートのような香りを纏った「ニカラグア コルカサン」。焦がした砂糖のようなほのかな甘みが隠れている。熟したフルーツと相性抜群なのだそうだ。
starbucks_reserve_debut_03.jpg

STARBUCKS RESERVE ニカラグア コルカサン


 3つ目はエルサルバドルにある火山の火口付近の農園で栽培されたという「エルサルバドル モンテカルロス エステート パカマラ」。少し刺激的なハーブのような清涼感と程よい酸味の奥に、しっかりとしたコクが潜んでいる。
starbucks_reserve_debut_04.jpg

STARBUCKS RESERVE エルサルバドル モンテカルロス エステート パカマラ

 どれも少し長い名前で注文には苦労するのだが、ガツンとした飲み応えとスッキリとした後味が特徴だ。


スペシャリスト江嵜氏イチ押しの"エイジド"

starbucks_reserve_debut_05.jpg 中でも今回フィーチャーされている豆が、「エイジド スラウェシ カロシ」。"エイジド" の名の通り、生の豆の状態で5年間かけて熟成され、重厚でしっかりとした香りと複雑なコクが引き出された貴重なコーヒーだ。テイスティング会場では熟成されたチーズや肉料理との相性を紹介。インパクトの強い味わいは、風味の強いフードとベストマッチなのだという。4種類それぞれの個性的な香りと飲み心地が楽しめた。


 抽出方法は展開店舗ごとに異なるが、中でも注目は日本初登場の「クローバー」。バキュームプレス技術によって最高の味わいを引き出すという特殊な抽出方法で、熟練のバリスタが、「コーヒーにこだわりを持った人に是非味わってほしい」と太鼓判を押す。スタート時は銀座マロニエ通り店と京都三条烏丸ビル店の2店舗、3月25日からはゲートシティ大崎店と玉川高島屋S・C店で開始し、まずは日本で4店舗のみのプレミアムな提供となる。


日本初上陸の抽出マシン「クローバー」

starbucks_reserve_debut_06.jpg
その他、コーヒープレス(44店舗)とハンドドリップ (3店舗)を合わせ、「スターバックス リザーブ」のデビューシーズンは日本全国51店舗限定で展開が予定されている。一杯ずつ挽きたて淹れたてを提供するため、注文してから3〜5分はかかる。香りを楽しみながら気長に待とう。なお、家庭で淹れる時にオススメの抽出法はコーヒープレスとのこと。豆本来の風味を手軽に味わえるそうだ。


 新ブランド「リザーブ」は、15年前にスターバックスが日本進出を果たした時と同じく、北米に次いで2番目の展開エリアとなる。来日した本社ヴァイスプレジデントのTom Barr氏はその理由を、「日本の消費者は品質を重視し、イノベーションやアイディアに関心がある。新しい体験を求めているコーヒー愛好家の多い国だ」と説明する。


米スターバックス ヴァイスプレジデント Tom Barr

starbucks_reserve_debut_07.jpg

 スターバックス コーヒー ジャパンに約15年間務めるコーヒースペシャリストの江嵜氏は、「まずはブラックで味わってみて欲しい」と自信の表情。「リザーブの豆はなくなり次第終了。同じ豆が次に販売されるはもしかしたらまた15年後になるかもしれないので、本当に特別なんです」とのことなので、気になる銘柄は早めに試したほうが良さそうだ。販売価格は、コーヒー(トールサイズのみ)が450円〜650円(税込 ※豆の種類や抽出方法により異なる)、コーヒー豆(226g)が2,000円〜2,400円(税込)。なお、今後は季節毎に1〜2種類程度の新商品が投入されていく予定となっている。


 米国「STARBUCKS」は今年で40周年。これを機に、ロゴ変更やベンティの上をいく特大サイズ"トレンタ"、アプリの提供など、様々なプロジェクトが発表されている。「リザーブ」の上陸を皮切りに、ここ日本でも新しい取り組みが今後も続き、プレミアムなアニバーサリーイヤーを祝う。


■スターバックス リザーブの展開店舗はこちら:https://www.fashionsnap.com/news/2011-01-20/starbucks-reaserve/

スターバックスがロゴ変更 日本でも春から
スタバ新サイズは1リットル弱の特大 "トレンタ"
スタバが価格改定 人気のショートサイズ値上げ

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング