【インタビュー】JAK & JIL主宰ブロガー&フォトグラファーTommy Ton(トミー・トン)

Tommy Ton
Tommy Ton

 1週間に約26万5000人がアクセスし、フォロワーが5万2000人を超える人気ブログ「JAK & JIL」の開設者であるTommy Ton(トミー・トン)が来日した。今回はJETROの招聘により、10月20日に開催された「Tweed Run Tokyo」に合わせて来日したもので、メルセデスベンツファッション・ウィーク東京2013年春夏(Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2013 S/S)でも約30のコレクションを見て、ランウェイや来場者などを撮影した。(写真・文:樋口真一)

 

 ブロガーでありフォトグラファーであるトミー・トン。ニューヨーク、パリ、ミラノ、ロンドンなど、世界各都市のコレクション会場で撮り下ろした、トミー・トンによるスナップブログは、2008年9月にスタートして以降、ページビュー数を記録的に伸ばし、わずか3年たたないうちにドルチェ&ガッバーナのショーのフロントロウに招待され、米版「GQ.COM」や「STYLE.COM」に寄稿するまでになっている。


 ドリス・ヴァン・ノッテンのパンツに伊勢丹のTシャツ、インタビューの間も手にはニコンD800をもったままという姿のトミー・トンに、メルセデスベンツファッション・ウィーク東京や彼のブログ「JAK & JIL(http://jakandjil.com/)」、ブロガーとしての成功の理由、彼自身の今後などについて聞いた。

tommy_ton_mbfwt_27.jpeg


―メルセデスベンツファッション・ウィーク東京の印象は。

 今回約30のコレクションを見たけど、ショーがほとんど時間通りにスタートするなど、とても計画的に行われていることが印象に残っています。

 また、パリコレクションなどはプレスやバイヤーなど業界人がほとんどで、一般の人がショーを見るのはとても難しいけど、東京コレクションには一般の人がたくさんいるね。デザインやコレクション自体については、それぞれのデザイナーが違った視点を持っていて、それぞれ違うけど、30ぐらいのショーを見た中でも、特に心に響いたのは5ブランドぐらいかな。

―ショーの途中で見ていたら、たくさん撮影している時とほとんど撮っていない時があったように思いましたが、特によかったブランドや写真をたくさん撮ったブランドは?

 見られてたの?(笑)一番好きだったのはアンリアレイジ。フェノメノンやファセッタズム、ヨシオクボ、アリスアウアアもよかったよ。(注:STYLE.COMではソマルタ、モトナリオノ、クリスチャンダダ、エモモナキアなどの写真も掲載)

―1回のコレクションで何枚ぐらい撮るのですか?

 ショーによるけど、一週間で2000枚から3000枚は撮ったと思う。1回のコレクションでは200枚くらい撮ったコレクションもあったけど、少ないときは50枚とか、それ以下ということもあった。ランウェイだけでなく、会場の空気や、見に来ている人たちの雰囲気のすべてがうまく混ざり合っていて、いいなと思うコレクションは、やっぱりたくさん撮ってしまうね。

―ところで、あなたのブログは、他のコレクション会場やストリートスナップのブログとはまったく違うスタイルですね。普通は呼び止めて写真を撮るものが多いですし、中にはポーズをとらせて、何度も何度も取り直すブロガーもいますが、「JAK & JIL」では歩いている姿やクローズアップなどが多く、文章もありません。

 僕はすごくシャイだから(笑)。昔から人に話しかけて、「ポーズをとってください」と言うことができなかったんだ。それが今のスタイルになった理由かな。文章については、実は昔は書いていたんだけど、写真自体が訴えるものをメインにしたいから、無くしてしまったんだ。

―パリコレクションなどを見ていると、The Sartorialist のScott Schuman(スコット・シューマン)など、他の有名ブロガーはコレクション会場周辺やストリートだけではなく、ランウェイでも撮影していますが、Tommy Tonさんはランウェイを撮っている姿をほとんど見ないし、ブログにもコレクションのランウェイ写真はほとんど載っていません。コレクション自体の写真を撮るのは好きじゃないのですか?

 コレクションは好きだけど、ファッションショーの時はショーを見ることに集中したいんだ。それに、コレクションを正面から撮影しているカメラマンは何十人もいるし。コレクションのランウェイは自分が他のカメラマンとは違う、おもしろい写真を撮ることができると思ったときだけ、撮るようにしているよ。

―日本の若い人たちにもブログを書いている人がたくさんいますし、あなたのように有名ブロガーなりたいと思っている人も多いと思います。ブロガーとして成功した理由や若い人たちへのアドバイスがあれば。

 有名になることが重要なのではなく、ブログを書く人自身がみんなに伝えたい内容が一番大切だと思う。僕は自分が感じたことを読者に受け取ってもらうことを光栄に思っている。有名になることだけを目的にしていると、絶対にブログの読者やファッション業界の人たちに飽きられてしまうと思うんだ。自分のやっていることに情熱をもっている人や自分が伝えたいことがはっきりしている人が有名になるのであって、有名ブロガーになりたいというのが最初じゃないと思うよ。

―あなたはすでに有名になっていますが、今後やりたいことは。

 僕はもともとフォトグラファーになりたくてなったわけじゃない。ファッション業界で働きたかったんだ。ファッション業界のいいところは、ここで働いていればいろいろなことができる可能性が広がるということ。たとえば、カール・ラガーフェルドは写真も撮るし、ファッションデザインもしているし、ボトルのデザインもしている。僕自身、多分これから5年ぐらい先には写真を撮ることはやめて、オンラインストアやコンサルティングをしたり、自分のブランドをスタートするなど、今とは違う方向に進むことで、ファッション業界で働きたいと思っているよ。


ANREALAGE(アンリアレイジ)
tommy_ton_mbfwt_02.jpeg

tommy_ton_mbfwt_03.jpeg

tommy_ton_mbfwt_04.jpeg

tommy_ton_mbfwt_05.jpeg

tommy_ton_mbfwt_06.jpeg

tommy_ton_mbfwt_07.jpeg

tommy_ton_mbfwt_08.jpeg

PHENOMENON(フェノメノン)

tommy_ton_mbfwt_09.jpeg

tommy_ton_mbfwt_10.jpeg

tommy_ton_mbfwt_11.jpeg

FACETASM(ファセッタズム)

tommy_ton_mbfwt_12.jpeg

tommy_ton_mbfwt_13.jpeg

tommy_ton_mbfwt_14.jpeg

tommy_ton_mbfwt_15.jpeg

tommy_ton_mbfwt_16.jpeg

yoshio kubo(ヨシオ クボ)

tommy_ton_mbfwt_17.jpeg

tommy_ton_mbfwt_18.jpeg

alice auaa(アリス アウアア)

tommy_ton_mbfwt_19.jpeg

tommy_ton_mbfwt_20.jpeg

motonari ono(モトナリオノ )

tommy_ton_mbfwt_21.jpeg

SOMARTA(ソマルタ)

tommy_ton_mbfwt_22.jpeg

tommy_ton_mbfwt_23.jpeg

tommy_ton_mbfwt_24.jpeg

CHRISTIAN DADA(クリスチャン ダダ)

tommy_ton_mbfwt_25.jpeg

et momonakia(エ モモナキア)

tommy_ton_mbfwt_26.jpeg

tommy_ton_mbfwt_28.jpeg

tommy_ton_mbfwt_29.jpeg

(写真・文:樋口真一)

樋口真一(ひぐち・しんいち)/ ファッションジャーナリスト
 繊維業界紙記者として東京、パリ、香港、イスタンブール、スペイン、アイルランド、タイなど世界のファッションウィークや国内外のブランドを中心に、行政、素材、産地から、オリンピック日本代表のウエアや水着問題まで、さまざまな取材を経験し、ファッションジャーナリストに。
・ブログ:http://ameblo.jp/fashionleaks/
・ザ・ポスト:https://www.fashionsnap.com/the-posts/shinichi-higuchi/

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング