ADVERTISING

BRANDS & PERSONS
ブランド・ヒト検索
ブランド・ヒト検索
詳細検索

PREEK

プリーク

ジュエリーブランド「プリーク」とは?定番のパールアイテムやイヤーカフ、最新コレクションの解説まで

ジュエリー日本

数社のウィメンズ企画でキャリアを積んだデザイナー芦沢佳澄が2018年に設立。デビュー以降、各シーズンのテーマを色濃く反映したウェアラブルなジュエリーを展開している。コンセプトは「日本でつくるジュエリーの新しい可能性」。

デザイナー

芦沢佳澄

Kasumi Ashizawa

1984年東京都出身。ユナイテッドアローズで働きながらファッションスクール「ここのがっこう」に入学し、独学でジュエリー製作を始める。2012年に「ITS」Jewelry部門のファイナリストに選抜されイタリアへ。2018年に「ここのがっこう」主宰・山縣良和、「ミキオサカベ」デザイナー 坂部三樹郎のアドバイスを受け、ジュエリーの知識、技術、生産背景などを模索しながら自身のブランド「プリーク(PREEK)」をスタート。

- CHARACTERISTIC ITEM -

アイコンジュエリーはバロックパールシリーズのアイテムや和菓子に着想したイヤーカフ

ダルメシアンクラシックパールネックレス(バロックパールシリーズより)
「UKISHIMA」シリーズのイヤーカフ

 アイコニックな「バロックパール(BAROQUE PEARL)」シリーズはデビュー時から継続的に展開。一つ一つが不揃いで歪んだ形の天然淡水パールを用いており、パールとメタルの見せる異なる曲線が、コンテンポラリーでエレガントな雰囲気を際立たせるデザインが多い。クラシカルになりすぎず、カジュアルにもフォーマルにも使いやすいパールアイテムとして人気を集めている。

 和菓子の浮島に着想した「ウキシマ(UKISHIMA)」シリーズもデビュー時から定番のアイテムシリーズ。そこから派生した空豆を模ったピアス「ウキシマ ソラマメ(UKISHIMA SORAMAME)」は程よい丸みのあるシルエットで、天然石を手作業で削りだし、石の半面に特殊加工のエレクトロフォーミングの技術を施して、ゴールドをコーティングしている。また、ユニセックスで人気を集めてきている同シリーズのイヤーカフ「ウキシマ イヤーカフ(UKISHIMA EARCUFF)」もブランドのアイコンアイテム。「天然石の柄に個体差があるので、一点物のような感覚で愛用できる。より愛着を持って使っていただけるのでは」とデザイナーの芦沢は解説している。

バロックパールシリーズ

Image by FASHIONSNAP

全 4 点

>>F/STOREでアイテムを見る

- BRAND CONCEPT-

「日本でつくるジュエリーの新しい可能性」

Image by PREEK
イヤホンの形をしたゴールドのジュエリー
Image by PREEK

 「日本でつくるジュエリーの新しい可能性」をコンセプトに、ジュエリーのニュースタンダードを提案しているプリーク。「ファインジュエリーの工房、宝石彫刻の伝統工芸、新しい技術の3つを掛け合わせて新しいジェエリーブランドを立ち上げたい」という思いからスタートした。有機的なパールや石といった自然物を使って、日本特有の美意識や伝統工芸に新たな技術を加えたアイテムを提案している。

 芦沢デザイナーは「敢えてハンドの跡を残したり、歪ませて綺麗になりすぎないように仕上げるなど、温かみを持たせたアイテムを意識して作っています」とコメントしており、様々なファッションに馴染むデザイン性の高さや、多くのアイテムがユニセックスで使える事から多くの男女からの支持を得ている。

- SHOP -

展開数の多い店舗はGR8やEditon、H BEAUTY&YOUTHなど

 プリークのアイテムを取り扱っているのは主にセレクトショップで、エディション(Edition)やグレイト(GR8)など。ユナイテッドアローズ&サンズ(UNITED ARROWS & SONS)エディションでは別注アイテムを展開。デザイナーは一番多くアイテムを取り扱っていることから、オススメの店舗として青山のエイチ ビューティ&ユース(H BEAUTY&YOUTH)を挙げている。また、銀座の「CIBONE CASE」でも取り扱っており、「物作りの奥深さや、物そのものの本質、日本の伝統文化などに興味がある人は是非手に取ってみてもらいたい」とコメント。なお、オンラインではF/STOREでも取り扱っている。

>>ほか取り扱い店舗一覧(2022年9月2日時点)
>>F/STOREでアイテムを見る

- NEW COLLECTION -

「CHAOS&CHIC」がテーマ、2022年秋冬コレクション

赤い壁にもたれる女性モデル
Image by PREEK
パールネックレスを身につける女性モデル
Image by PREEK
複数のパールネックレスを重ね付けする女性モデル
Image by PREEK

 1960年代後半のカウンターカルチャー、REVOLUTUION、FREE、LOVE&PEACE をキーワードに若者が立ち上がった新しい時代の始まり、時代が変わっていく様からインスピレーションを得て始まった新作の2022年秋冬コレクション。天然石を多く用い、石枠をバロックパールと組み合わせた新しいコレクションはシンプルながらも小粋なアクセントがポイントとなっている。

>>最新コレクションのアイテムをF/STOREで見る

- FAVORITE LOOK -

2022年秋冬、デザイナーの好きなルック

黒いジャケットにパールネックレスを合わせる女性モデル
Image by PREEK

 お気に入りのルックとして挙げたのは、素肌にジャケットを羽織り、アートピースのようなラピスラズリとベイビーパールのチョーカーを合わせた1枚。「肩パッド入りの古着のリメイクジャケットを敢えて着せました。1960年代に着想した今回のコレクションテーマを象徴する1枚です」とコメントしている。

>>最新コレクションのアイテムをF/STOREで見る

パールネックレス2本をつかむ手

こちらもチェック

洗練された日本の美しさが宿る 「プリーク」の最新アクセサリーをチェック<22AW>

お買いモノファッションスナップストア

- COLLABORATION -

印象に残っているコラボは、初のメンズパールコレクションを展開したユナイテッドアローズ&サンズ別注

肖像画にパールアクセサリーのコラージュを施した1枚
肖像画にパールアクセサリーのコラージュを施した1枚
パールネックレスを身につけた男性モデル
パールネックレスを身につけた男性モデル
パールネックレスを身につけた男性モデル

PREEK × UNITED ARROWS & SONS

全 5 点

 芦沢デザイナーは印象に残っているコラボとして、ユナイテッドアローズ&サンズ別注により初のメンズパールコレクションを制作したことを挙げている。V字のパールを繋げたネックレスや、ウッドビーズを連想させる細長のパールを連結したネックレス、片耳用のクロスピアスなどをラインナップした。発売当時の2020年8月はメンズパールがトレンドアイテムとして注目を集めていたことも相まって、発売から1〜2日で全アイテムが完売状態に。現在プリークの購入者の4割は男性だが、この別注がそのことのきっかけになったのだという。

- PERSON -

ブランドと関係が深い人物は山縣良和

 ユナイテッドアローズに在職しながら、山縣良和によって設立された「ここのがっこう(coconogacco)」に通い、独学でジュエリーを学んだという芦沢デザイナー。このことについて芦沢は「山縣さんや坂部三樹郎さんにはブランドの根幹やデザインプロセスなど、たくさんのアドバイスをいただきました。また、ブランド立ち上げの際は栗野宏文さんにも背中を押していただきました」とコメントを寄せている。

次のページは>>

取り扱い店舗一覧

HISTORY

主要年表

【2022年】
「ユナイテッドアローズ&サンズ」が別注。ネイティブアメリカンスピリットに着想したジュエリーを製作。

【2021年】
ファッションブランド「チノ(CINOH)」と初コラボ
帽子ブランド「キジマ タカユキ(KIJIMA TAKAYUKI)」と初コラボ

【2020年】
ユナイテッドアローズ&サンズが別注。ブランドとして初のメンズパールコレクションを製作した。

【2018年】
デザイナーの芦沢佳澄がジュエリーブランド「プリーク(PREEK)」を設立。

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント