2020SS パリ

A.P.C.

 「アー・ペー・セー(A.P.C.)」が9月30日、パリで2020年春夏コレクションショーを開催した。コートにソックスとサンダルをあわせたスタイリングをはじめ、カーキやベージュのワントーンルック、プリントドレス、そしてデニムなど、「アー・ペー・セー」のアイデンティティを強く感じさせるルックを発表。一部モデルが旗のように広げて登場したキルトは、「A.P.C. SURPLUS」のファブリックをアップサイクルしたもの。

 今年発足したメゾン外部の人を迎えてコレクションを発表するプロジェクト「アー・ペー・セー インタラクション(A.P.C. INTERACTION)」では、新たに3組との協業を発表。屋外のショー会場でテントを設置し、ジャスティン・サンダース(Justin Saunders)率いるクリエイティブスタジオ「JJJJound」(11月発売予定)、「カーハート WIP(Carhartt WIP)」(来年1月発売予定)、ロサンゼルスのショップ「RTH」(来年3月発売予定)と製作したアイテムを披露した。このほかショーでは、「Persol」とコラボレーションしたサングラスと「スイコック(SUICOKE)」とコラボレーションしたサンダルも登場した。

Image by: A.P.C.

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング