2010SS

ato

 

 10月23日、「ato(アトウ)」の2010年春夏コレクションがEBIS303にて発表された。

 「より多くの人に見てもらいたい」というデザイナーの意向により、東コレ最大動員数と思われる観客が集う会場。ファッションショーというよりコンサート会場のような盛り上がりの中で"ジェンダレス・モード"と題されたコレクションがスタートした。

 ライダース、バイカーパンツといったアイテムをベースに、ランジェリーの要素を組み合わせたスタイルはまさにジェンダーレス。「メンズ、レディスのメンタルな部分での垣根はない。若い人たちのものを買うときの理由はどんどん個人的なものになっている」という全世界的な動きを意識したという。普段はレディスに多用されるレーヨンのカットソーなどをメンズにも取り入れ、ハード&ソフトの相反するアイテムをあえてミックスさせた。また着る人のワードローブにあわせて気回しができるように、シースルーのレイヤードやパッチワークデニムを取り入れたコーディネイトを提案。

 メインアイテムとなったバイカーパンツは、部分的にストレッチ素材を取り入れるなど実際にバイクに乗れるものとして製作されたという。フォーマルな黒のスーツのメンズモデルがヘルメットを片手に現れるなど、ちょっと意外性のあるスタイルも、バイクで出勤するビジネスマンのイメージだそうで、モード×バイクという新たなスタイルを生み出した。

 チェーンやスタッズなどハードなモチーフを取り入れつつも、洗練されたシルエットでミニマルにまとめあげる手腕は、さすが人気ブランドの実力だ。

関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング