2012-13AW

ATSUSHI NAKASHIMA

 

 デビューブランド「ATSUSHI NAKASHIMA(アツシナカシマ)」が3月19日、2012-13年秋冬コレクションを東京ミッドタウン ホールAで発表した。パリで「Jean-Paul GAULTIER(ジャンポールゴルチェ)」ディフュージョンラインのヘッドデザイナーを務めていたデザイナー中島篤によるファーストコレクション。「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2012-13 A/W(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京 2012-13A/W)」2日目のトップを飾った。

 クラシカルなジャケットスタイルをベースとし、フューチャリスティックな素材に精密なパターンテクニックが施されたコレクションのテーマは「neo classic」。人工的な現代建築からインスピレーションを得ているが、直線的なカッティングによるフォルムは自然な曲線を描き、立体的なウェアに仕立てられている。ここに歴史や文化を感じさせる伝統美が融合され、強さが備わった。ショー後半では10体のオートクチュールコレクションが発表され、ブランドコンセプトのモダンとクラシックを融合が、より濃く描き出された。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング