2011-12AW

banal chic bizarre

 

 デザイナー中川瞬と市毛綾乃が手掛ける「banal chic bizarre(バナル シック ビザール)」が4月16日、2011-12年秋冬のメンズコレクションをショートフィルムと写真で発表した。テーマは「STUDENT WORKER」。

 ビニール素材やキャンバス地のエプロンで「ワーク」を、ワッペン付きのスウェットやビッグシルエットのブレザーで「アイビー」を表現。泥臭さとトラディショナルという相反するテイストを「banal chic bizarre」のデザインで同居させ、イメージソースである"大学に通いながら炭鉱で働く1人の青年"像を創り上げている。

 震災の影響からショーを中止を発表した「banal chic bizarre」。電力を極力使わないように、今回のショートフィルム製作には照明を使用せずに撮影している。ランウェイショーではなくフィルムでの発表については、東京の様々な場面・時間をミックスさせることでメッセージ性を持たせ、様々な人がどこからでもアクセスできるためとしている。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング