2012-13AW

et momonakia

 「et momonakia(エ モモナキア)」が、ブランド初のインスタレーション形式でコレクションを発表した。舞台は、ファッションショーが始まる直前のバックステージ。本来はランウェイで発表されるコレクションだが、誰もいないランウェイの最前列には、ブランドの女性像「山口百恵」と「中森明菜」の指定席が設置されているのみ。デザイナー城賀直人と玉置博人はブランドの段階を「今はまだ未完成」と捉え、ショーの一歩手前の状態の舞台裏に新作を並べて見せた。2012-13年秋冬コレクションは、カシミヤなど上質素材をメインに使用。得意とするクチュール技術で立体的に仕立てつつ、リボンやくるみボタンで飾ったドレスなど、少女と大人の魅力を併せ持っている。レザー製のバッグはケーキの箱をイメージして作られ、ヘッドドレスは「Dottocheck」とコラボレーション。ブランドコンセプト「遊びとエレガンスの境界線」が、ユニークに表現された。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング