2020-21AWミラノ

FENDI -Men's-

 「フェンディ(FENDI)」が1月13日、クリエイティブ・ディレクターのシルヴィア・フェンディ(Silvia Venturni Fendi)による2020-21年秋冬メンズコレクションをミラノで発表した。テーマは「フェンディ流古典主義(FENDI-fied classicism)」。

 2020-21年秋冬メンズコレクションでは、フェンディのショッピング袋にも採用されているアイコンカラー「イエロー」がキーカラーに。セットアップをはじめ、アウター、ロゴ入りのビッグスカーフ、そしてショッピングバッグを模した大小様々なレザーバッグ、トランクといったアイテムがイエローで登場。フェンディのヴィンテージ パッケージに着想したチャームは「バゲット」や「ピーカブー」を飾った。中盤に登場したロングコートなどに取り入れられたフェンディの新コードは、FFロゴを"アニマリア(動物)"柄のチェーンリンクとして再解釈したものだという。

 ショー最後に登場した4ルックは、日本のブランド「アンリアレイジ(ANREALAGE)」とのコラボレーションによるもの。披露されたアウターやミトン、バッグ、ハットといったアイテムは、太陽光にさらされると白いキルティングがイエローに色を変えたり、フェンディの新コードがブラックで浮き出る仕掛けとなった。

Image by: FENDI

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング