2010SS

GUT'S DYNAMITE CABARETS

 JFW5日目、「GUT'S DYNAMITE CABARETS(ガッツ ダイナマイト キャバレーズ)」が2010年春夏コレクションを発表した。

 午前中の1発目のショーだが、会場となった東京ミッドタウンホールの中は、ショー開始前から光と音が交差し、さながらディスコ風。「誰が見ても、一目で楽しいと思えるものを」というコンセプトの元、まさに"モーニング・フィーバー"と行った雰囲気の中、ショーはスタートした。ダブルブレストのジャケットを着た1stルックは、今期を代表するキールック。ハーフパンツとスパンコールレギンスのレイヤードに、足元はパテント素材のハイカットスニーカーを合わせた。

 新ブランド「JhonAG(ジョンエージー)」をミラノで発表したことで自信を付けたというテーラードジャケットは、今回、フラット、コンケーブ、ソフトの3タイプを発表。布をたっぷり使ってブラウジングさせたアイテムは、ミラーボールの丸みをイメージ。得意のプリントは、ジャガード織りでより美しく仕立てられた。デザイナーのCABARET AKIとJACKAL KUZUは、真剣に物作りに取り組みつつ、ファッションの楽しさや華やかさを伝える。

 ショーを一段と盛り上げていたモデルには、個性的なダンサー達の他、元パリコレモデルの秀香さんの姿も。秀香さんは還暦とは思えないスタイルと堂々としたウォーキングを見せ、ラストルックを飾った。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング