2010SS

G.V.G.V.

 

 JFW2日のラストを飾ったのは、六本木ミッドタウンで行われた「G.V.G.V.(ジーヴィジーヴィ)」のショー。多数のミラーボールが輝く会場は満員の熱気で包まれた。

 「東京で生まれ育ち、影響を受けたカルチャーも多い。これからも東京でやっていきたい」と語るMUGは、いまや東京を代表するデザイナーのひとり。「黒をメインにした前回とは真逆の表現をしてみたかった」ということで今シーズンのテーマは「G.V.G.V.」の白い世界。シャープでクール、エッジィな世界観はそのままに、白をメインとしたモノトーンルックで観客を魅了した。

 風をはらんだようなシアーなドレープスカートにハードなレザージャケットを合わせるなど、ソフト&ハードのスタイリングが今回のポイント。そしてスポーティな素材をエレガントにアレンジしたドレスもG.V.G.V.の今までのイメージを覆す新たなチャレンジとなった。

 しかしロックテイストを得意とするブランドだけあって、ハードなディテールは健在。スタッズやホットフィックス(アイロンで金属を装飾する方法)で「ギラギラ感」を演出し、また手首から肘まであるスタッズブレスレットなどアクセサリーでも強さを加えた。セクシーに肌を見せるボディスーツやストレッチ素材のビスチェなどボディコンシャスなアイテムも今季らしい明るい色使いで登場。軽やかなイメージも取り入れつつ、「攻め」の姿勢を忘れない、新生「G.V.G.V.」の誕生だ。

関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング