2009-10AW

JOHN LAWRENCE SULLIVAN

 3月24日夜、デザイナー柳川 荒士氏が手がける「JOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョン ローレンス サリバン)」が2009-10年秋冬の新作コレクションを発表した。
 場所は神宮バッティングドーム西庭。静寂の中の場所に砂が敷かれ、背後にネオンが光るランウェイに登場した1stルックはイエローのテーラードスーツ。本来は美しいロールを描く衿は、直線のまま首元を隠し禁欲を思わせる。かといって、「禁欲」が窮屈や退屈ではなくソフィスティケートに見えるのは、ブリティッシュテーラードを軸に、素材とパターンのマッチングを重視する同ブランドの姿勢の表れだ。日常の中で見たもの全てがインスピレーションの源というデザイナー柳川 荒士氏が仕立てる、"日常の浄化"を見たコレクションだった。

過去のコレクション

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング