2010SS

motonari ono

 

 10月19日11時、第9回JFW in Tokyo「東京発 日本ファッションウィーク」の開幕とともに、「motonari ono(モトナリ・オノ)」が2010年春夏コレクションを発表した。

 日本のカルチャーをデザインのベースとしているデザイナーの小野 原誠氏は今回、ランジェリーにフォーカス。オペラ「椿姫」のヒロインである娼婦マルグリットからイメージを広げた。
 モノトーンやヌーディーカラーにひとさしの赤。シースルーのレースやコルセット、ガーターベルトなど、ランジェリーのディテールを思わせる極端にセクシーかつ禁欲的な表現が妖艶な魅力を放つ。しかし単にセクシーなだけではなく、そこにロマンティックかつ甘すぎず、少し毒のある「motonari ono」らしいテイストが加わった。

 「こんな時代だからこそ、他には無いパワフルな服を」と力強く話す小野氏。アントワープで培ったクリエーション力とジャパンカルチャーとの融合が、「motonari ono」独自の世界観を確立している。

関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング