2011SS

muller of yoshiokubo

 

 デザイナー久保嘉男が手がけるウィメンズコレクション「muller of yoshiokubo」(ミュラー オブ ヨシオクボ)」。男と女の服の境界が曖昧な現代において、女の為の"女の服"を提案している。2011年春夏コレクションは、ナチュラルな品のあるカラーで透明感のある女性像を表現。 背中の開きやフリル使い、ボリューム感などディテールの緩急がブランドの表現するフェミ二ティを引き立てている。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング