2020SS 東京

Nobuyuki Matsui

 デザイナー松井信之が手掛ける「ノブユキマツイ(Nobuyuki Matsui )」が10月16日、「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S」期間中に発表した2020年春夏コレクション。天井から吊るされたガラスがぶつかり合う音色が響き渡る中、ショーは行われた。

 今シーズンのテーマは「水鏡」。鏡の存在しない時代、自分自身の容姿を確認する唯一の手段として水面が使われていたことに着想し、「水の反射は服をどのようにうつすのか?自然が作り出す鏡は何をうつしだすのか?」と問いかけた。ブルーが印象的なカラーパレットで、水を連想させる曲線のディテールが目を引く。デザイナーの松井にとって今シーズンのメインインスピレーションとなったのは、北海道の同爺湖でガラス作品を制作しているアーティスト高臣大介によるインスタレーション「野傍ノ泉池」。アウターにあしらわれた一点物のガラスボタンは、高臣とコラボレーションして製作された。

 会場のフロアに敷き詰められたのは、廃棄処理される予定だった衣類を藍色に染めあげた衣服。「伝統や職人技術から生まれる手仕事を大切にし、長く大切にできるような服を目指す」というブランド創設当初からの姿勢を反映したインスタレーションで、衣類の回収、染色、縫製といった全てのプロセスをアトリエのチームで行ったという。

Image by: FASHIONSANP.COM(Ippei Saito)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング