2012SS

Paul Smith

 英国ブランド「Paul Smith(ポール・スミス)」が10月16日、日本初のファッションショー「2012年春夏 Paul Smith MEN & WOMEN ファッション ショー」を東京で開催した。「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京)」の初日を飾るキックオフショーとして招かれ、3月の東日本大震災の直後も単身で日本を訪れているPaul Smithが再び来日。メンズ・ウィメンズの特別編成によるコレクションを発表した。テーマは「I LOVE JAPAN」。

 ショー冒頭はPaul Smithが自らランウェイに立ち、日本への大きな愛を表すスピーチで幕開け。ビートルズの「All You Need Is Love」など英国のロックナンバーをBGMに、ボーイッシュかつリラックスしたムードのウィメンズと、ネイビーカラーをメインにテーラーリングを重視したシンプルなスタイルのメンズをミックス。後半はブライトカラーで彩られ、フィナーレには虹をイメージした七色の服を着たモデルと共に、背中に「I ♥ JAPAN」と書かれた白いシャツを着たPaul Smithが再び登場。ショーはライブ中継を実施し、そのメッセージは世界中に発信された。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング