rurumu:

2022SS東京

rurumu:

 東佳苗が手掛けるファッションブランド「ルルムウ(rurumu:)」が、2022年春夏コレクションのショーを開催した。1934年まで女学園の校地として利用されていた「自由学園明日館」で開催されたショーテーマは「continued story(続いていく物語)」。ミュージカル映画「イン・ザ・ハイツ」を着想源に、死を迎える時に見えるとされいる走馬灯を表現したルック全24体を発表した。ショーでは東が得意とするニット素材を用いたワンピースやセットアップ、アームカバーなどをはじめ、シアー素材のフリルワンピースなどで構成。子ども用の衣服が縫い付けられたワンピースや、ぬいぐるみを用いたアイテムなど「幼少期の記憶」や「懐かしさ」を彷彿とさせるアイテムが披露された。

 ルルムウのショーは今回で2度目。デザイナーの東は「嘔吐クチュール」をコンセプトに、漢字表記のブランド「縷縷夢兎(ルルムウ)」でデビューし、2019年春夏コレクションからは「実際に着てくれる人にもっとアイテムを届けたい」という考えから今回ショーを開催したrurumu:を立ちあげた。

rurumu:
Image by: FASHIONSNAP.COM
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング