伊勢丹新宿本店などでTポイント利用可能に 三越伊勢丹HDがCCCと提携

伊勢丹新宿本店の外観
伊勢丹新宿本店の外観
画像: Fashionsnap.com

 三越伊勢丹ホールディングスとカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)が10月2日、マーケティング事業を推進する新会社設立を主な目的に、包括的な提携に至ることを発表した。2016年春から、三越伊勢丹HDの国内百貨店子会社が運営する伊勢丹新宿本店や銀座三越、岩田屋三越などの店舗で「Tポイント」の利用を可能にする。

 両社のノウハウを結集させたマーケティング新会社の出資比率は、三越伊勢丹HDが51%、CCCは49%。「Tポイント」の利用対象拡大のほか、三越伊勢丹HDは「T-SITE」や「蔦屋書店」等の生活提案型施設を手がけるCCCと共同で、ライフスタイルを重視した商業施設などの新規事業の企画・開発を検討していく。