シチズン、国際アワード多数受賞した田根剛と再び「ミラノサローネ」出展へ

2014年 ミラノサローネ出展の様子
2014年 ミラノサローネ出展の様子
画像: シチズン時計

 シチズン時計が、「ミラノサローネ」に再び参加する。2014年に発表した「LIGHT is TIME」に続く2回目の出展で、前回と同じく建築家の田根剛とともに、「時」をテーマにインスタレーションを発表する予定だ。

 シチズン時計は、「光」と「時」をテーマに2014年のミラノサローネでインスタレーションを行ない、Milano Design Award 2014で史上初の2冠を獲得するなど様々な国際的デザインアワードを受賞。同年11月には東京で凱旋展を開催し、7万人を超える来場者を集めた。これに続いて、4月12日~17日の期間に開かれる「ミラノサローネ 2016」でインスタレーションを実施する。

 田根剛(DGT.)はパリを拠点に活動しており、エストニア国立博物館(2016年完成予定)の設計をはじめ、21_21 DESIGN SIGHTで開催中の企画展「建築家 フランク・ゲーリー展 "I Have an Idea"」のディレクターを務めるなど、国際的に活躍している。

LIGHT is TIME 凱旋展の様子(2014年)