;

最も省エネの伝統芸能"落語"を通じて「SAVE THE ENERGY」一般参加イベント開催

AD
SAVE THE ENERGY PROJECT
SAVE THE ENERGY PROJECT

 ファッション業界で省エネ活動を推進する「SAVE THE ENERGY PROJECT」の公式マークを発表するイベントが、ファッションウィーク期間中の3月24日に開催される。2016年に経済産業省資源エネルギー庁によって立ち上がり、一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構が実施する企画。渋谷ヒカリエのヒカリエホールBを会場に立川志らくによる落語の披露も予定され、一般参加を募集している。

 イベントでは、会場内に高座を設け、最も省エネルギーな伝統芸能と言われる落語を取り入れて公式マークを発表する。公式マークは「SAVE THE ENERGY PROJECT」に賛同するブランドや企業が、省エネ製品の発表や販売をする際に活用される。また今シーズンは、写真家の小浪次郎を起用してSAVE THE ENERGYの小冊子(ZINE)を作成し配布する。

 3月18日から26日までの期間には、プロジェクトの参加ブランドと企業によるコラボレーションアイテムを取り扱うテストポップアップショップが新宿の「ビームス ジャパン(BEAMS JAPAN)」で開催される。「サスクワッチファブリックス(Sasquatchfabrix.)」と浜田和紙の協業をはじめ、「ブラックミーンズ(blackmeans)」と中伝毛織、そして「エドロバードジャドソン(ED ROBERT JUDSON)」と小松精練といったコラボレーションが展開される。

■SAVE THE ENERGY PROJECT LOGO MARK ANNOUNCEMENT
 一般参加申し込み詳細:公式サイト
 日時:2017年3月24日(金)20:30〜(開場20:00)
 会場:渋谷ヒカリエ ヒカリエホールB
 企画運営:伊藤忠ファッションシステム株式会社
 企画ディレクション:高橋直子
 演出・制作:bon株式会社 保科路夫

「SAVE THE ENERGY PROJECT」 POP-UP SHOP
 期間:2017年3月18日(土)〜26日(日)
 場所:BEAMS JAPAN 3階
    新宿区新宿3-32-6
 公式サイト