;

荒木経惟が個展「写狂老人A」を開催、新作を中心に1千点以上を公開

《遊園の女》2017《遊園の女》2017
《遊園の女》2017

 写真家の荒木経惟による個展「荒木経惟 写狂老人A」が、東京オペラシティ アートギャラリーで開催される。会期は7月8日から9月3日まで。

 「写狂老人A」というタイトルは、画家の葛飾北斎が70代半ばで「画狂老人卍」と号したことになぞらえ、荒木自身を表現。会場では最新作や1960年代に制作したスクラップブックなど1,000点以上の作品を展示し、自らの死に直面した体験を持つ荒木が長年の重要なテーマである「生と死」を鮮明に表現した作品を通して、多様な活動の核心に迫る。8月12日には明治大学理工学研究科総合芸術系教授の倉石信乃と同展のゲストキュレーターを務めた北澤ひろみによる対談「写狂老人Aについて考える」を予定している。

■荒木経惟 写狂老人A
期間:2017年7月8日(土)〜9月3日(日)
会場:東京オペラシティ アートギャラリー 3階ギャラリー1,2
開館時間:11:00〜19:00(金・土は11:00〜20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、8月6日(日・全館休館日)
入場料:一般 1,200円(1,000円)、大学・高校生 800円(600円)、中学生以下無料
*( )内は15名以上の団体料金