;

フリマアプリ「メルカリ」が日本郵便と連携、郵便局やローソンでの発送受取が可能に

 フリマアプリ「メルカリ」が日本郵便と連携し、新たな配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」を6月20日から提供開始する。全国約1,000店の郵便局および約1万2,000店舗のローソンで商品の発送・受取が可能になる。

 「ゆうゆうメルカリ便」は、日本郵便によるフリマアプリやオークションサイト向けの新サービス「e発送サービス」と連携。出品者は配送方法として同サービスを選択すれば誰でも利用でき、購入者は全国の郵便局とローソンのほか、ミニストップや日本郵便の宅配ロッカー「はこぽす」でも商品を受け取ることができる。発送の際は、アプリ内で生成される2次元コードを郵便局またはローソンの端末で読み込み伝票を自動で印刷できるため、宛名書きなどの伝票記入とレジでの会計が不要。購入者はアプリ内で発送通知後、アプリ内の取引画面より発送状況が確認できる。また、取引した商品を全国一律料金で送ることができるだけではなく、厚さ3センチまでの「ゆうパケット」ではメルカリ最安の175円で配送することが可能になる。

 「e発送サービス」はメルカリのほか、「フリル(FRIL)」や「モバオク」「ヤフオク!」「ラクマ」でも導入が予定されている。

■新サービス
開始日:2017年6月20日
出品者の利用料金:ゆうパケット(1kg以内)60cm以内・厚さ3cm以内 175円 / ゆうパック(30kg以内)60サイズ(60cm以内)600円 / 80サイズ(80cm以内)700円 / 100サイズ(100cm以内)900円(いずれも税込)
※最低出品価格は1,000円以上