一夜限りの「六本木アートナイト」が今年も開催、"祭り"テーマに蜷川実花らが作品を発表

六本 アートナイト 2017 Photo by Mika Ninagawa
六本 アートナイト 2017 Photo by Mika Ninagawa

 六本木の街を舞台にしたアートイベント「六本木アートナイト 2017」が、9月30日から10月1日にかけてオールナイトで開催される。

 今回で8回目となる「六本木アートナイト」では「未来ノマツリ」をテーマに掲げ、メインプログラム・アーティストには写真家の蜷川実花を起用した。初の試みとして、東南アジアにゆかりのある日本人アーティストや、注目アーティストを招聘して作品を制作発表するプロジェクト「東南アジア・プロジェクト」が始動。タイのアーティスト ナウィン・ラワンチャイクンが六本木を舞台にした映画や絵画、ダンスを制作するなど、祭をテーマに地域のコミュニティメンバーと協業して制作した作品などが公開される。

■六本木アートナイト 2017
日時:2017年9月30日(土)、10月1日(日)
<コアタイム>9月30日(土)17:27【日没】〜10月1日(日)【日の出】05:36
開催場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料:無料(但し、一部のプログラム及び美術館企画は有料)
公式サイト