メインヴィジュアル ©2021 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. ©︎MADSAKI/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. ©Fujiko-Pro
メインヴィジュアル ©2021 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. ©︎MADSAKI/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. ©Fujiko-Pro

Art

六本木アートナイト2021が開催、メインアーティストに村上隆を起用

Update:

【2021年8月26日追加】新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、開催延期が決定。今後の開催については現時点では未定となっており、共同主催者である東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 、港区とともに協議・検討していくという。

メインヴィジュアル ©2021 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. ©︎MADSAKI/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. ©Fujiko-Pro
メインヴィジュアル ©2021 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. ©︎MADSAKI/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. ©Fujiko-Pro

 アートイベント「六本木アートナイト2021」が、六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウンを含むエリアで開催される。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、会期を通常より長く設定。9月23日から26日の期間に一般開催し、一部の展示は11日から先行で公開する。メインアーティストに村上隆を起用。このほか、村上がキュレーションした計12組のアーティストの参加が決定している。

— ADの後に記事が続きます —

 六本木アートナイトは2009年から継続的に開催されてきたが、昨年は新型コロナウイルス感染症の影響により中止。今年2月には、アートの灯を絶やさないための新たな試みとして、オンライン企画「六本木アートナイト スピンオフ・プロジェクト」を開催し、新コンテンツ「六本木アートナイト・デジタル(以下、RAN TV)」を始動した。六本木アートナイト2021は、同企画やコンテンツの内容を引き継ぎつつ、デジタルとリアルを融合したハイブリット形式で開催する。

 村上が手掛けるメインプログラムとして、「ドラえもん」とのコラボレーション新作となる全長10mの大型バルーンアートを、六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館の3ヶ所に展示。メインヴィジュアルでもドラえもんを使用し、アーティスト MADSAKIと村上がコラボして制作したフラワーモチーフを周りに散りばめた。また、「レディメイド(READYMADE)」を手掛けるデザイナー 細川雄太、村上隆の弟子として知られるアーティスト ミスター(Mr.)、イラストレーター タカノ綾といった計12組のアーティストが参加し、ドラえもんをモチーフにした作品を発表する。このほか、デジタルコンテンツとして映像作品や演劇、トークプログラムなどをRAN TVで配信する。

村上隆

関連記事
村上隆がNFT作品を制作、NFTマーケットプレイス「OpenSea」に初出品

■六本木アートナイト2021
会期:2021年9月23日(木・祝)~26日(日)(※9月11日から一部作品を先行展示予定)
会場:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
デジタル会場:RAN TV
入場料・視聴料:無料(※一部のプログラムおよび美術館企画は有料)
公式サイト

村上隆完全読本 美術手帖全記事1992-2012 (BT BOOKS)
著: 村上隆
編集: 美術手帖編集部
メーカー: 美術出版社
価格: ¥3,740(2021/07/05現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング