【インタビュー】アルベール・エルバスが今のファッションに思うこと

 元「ランバン(LANVIN)」の名物デザイナー アルベール・エルバス(Alber Elbaz)がハイファッションの世界と距離を置いてから約1年半。コンバースジャパンがハイエンドラインと位置付ける日本限定企画「アヴァン コンバース(AVANT CONVERSE)」のゲストデザイナーに迎え入れ、第一線に戻ってきた。デビューコレクションでは、自らデザインしたプリントモデルなど全6型を制作。3月25日の展開開始に合わせて来日し、記念パーティーでは芸者に扮したブラスバンド隊を率いてダンスを披露するなど、業界でも評判の愛嬌をゲストに振りまいた。「アヴァン コンバース」のキーテーマは「Exclusive For All(=みんなにとってのエクスクルーシブ)」。その背景には日本への愛、そしてデザイナーとモード界の今を俯瞰しながらもファッションへの変わらぬ愛が込められている。

【関連記事】コンバース×アルベール・エルバスの全貌が公開

「ファッション」でやりたいことを再確認

ー14年在籍したビッグメゾンのディレクター職を退任してから約1年半が経ちました。この間、何をされてたのですか?

 旅行に次ぐ旅行です。世界中のありとあらゆる友達に会いに行き、新しい友達にも出会いました。寺院や博物館に行くような観光ではなく、単に友達に会いに行っていたのです。そして同時に「ファッションでやりたいことはなんなのか」ということを再び自分自身に問いかけていました。

ーなぜコンバースを選んだのでしょう。プロジェクト実現までの経緯は?

 長年にわたって仕事をし、良い関係を築いてきた伊藤忠からの呼びかけがきっかけでした。コラボレーションのオファーに「もちろんいいよ」と答え、そして伊藤忠がライセンスを手がけるコンバースのプロジェクトが決定したのです。それからコンバースジャパンの方に会い、とても安心して仕事ができると感じました。私は幸運なことに、今自分がやりたくて楽しいと思えることにだけに力を注げる環境にいます。自分の気持ちが乗らなかったらやらなくてもいいということです。それに加え、スニーカーそのものにも興味がありました。なぜならスニーカーは男女限らず、シーズンや時間も関係なく誰にでも身近なアイテムだからです。

avant-converse-20170324_004.jpg

ラグジュアリーの世界に今欠けているのは「ユーモア」

ーアイテムへのこだわりは?

 最初にコンバースの根本にあるDNAを抜き出し、コアを崩して変化させることなく、コンバースではあまり使用しないレザーを用いたり、グラフィックにも取り掛かりました。グラフィックはサイズにこだわっています。もしイラストが大きくプリントされていたら大げさ過ぎますし、小さすぎると何かわからないでしょう。コンバースのDNAを損ねることなく、最適なバランスを見つけることが私たちのミッションだったのです。

avant-converse-20170324_015.jpg

ー6足それぞれにイメージはありますか?

 このプロジェクトは小規模のもので、異なったイメージよりも統一性が必要でした。しかし、プロジェクトがスタートした当初、念頭にあったのは日本人のための商品ということです。デザインする時には必ずインスピレーション源があるのですが、私は知り合いの日本人をまず頭に浮かべました。日本に来るとみなプレゼントをたずさえてきます。そこにヒントを得て、スニーカーに合わせてボックスやシューズバッグ、ショッピングバッグもスニーカーと同じグラフィックをプリントし、特別感を出したかったのです。私にとって「箱」は日本人らしさの象徴でもあります。今回コンバースでは珍しいレザーを使用し、エレガントでシックでラグジュアリーなシューズに仕上がり、この箱に収まることで全てが完成するのです。靴を保護することもそうですが、日本人がよく発する「かわいいですね」という感覚も取り入れました。イラストの顔は私自身ですが、気分屋なのでハッピーな時やそうでない時といったように、私の全てを表現しました。ラグジュアリーの世界に今、欠けているのは「ユーモア」です。グロッシーでセクシーさが強調されすぎていますが、人々は「ユーモア」を求めているのです。

avantconverse_001-thumb-660xauto-665094.jpg

avantconverse_008-thumb-660x467-665095.jpg

画像:コンバース

次のページは>>エルバスが考えるファッションが今の世界にできること