【インタビュー】ファッション界の"生きる伝説" 高田賢三が再び第一線へ

デザイナー 高田賢三 Photo by: FASHIONSNAP

 インタビュー場所は、定宿だというパークハイアットのボードルーム。笑顔で迎えてくれた高田賢三は、喜寿を迎えたとは思えないほど若々しい体躯に、パリの店舗で仕立てているというサンローランのスーツが映える。1970年代にパリのモード界に影響を与え最初に成功を収めた日本人で、華々しい実績を残し1999年に勇退。その後は世界中を回り、その才能を絵画などに生かしている。そんな"生きる伝説"が、新たに組んだ相手は日本の巨大流通企業セブン&アイ。約15年ぶりにトップデザイナーとして第一線に復帰した。近年のシンプルブームにカウンターを打つような「華やかじゃなきゃ、ファッションじゃない」というコピーと、高田賢三のデザインには欠かせない芍薬(しゃくやく)の花には、どんな意味が込められているのか。

kenzotakada-ivent-20160818_003.jpg

■「花の9期生」は強者ぞろい

ーまずは原点を振り返って頂きたく思います。ファッションに興味を持ったのはいつでしたか。

 小さい頃から2人の姉に影響を受けて、中原淳一さんがイラストを描かれていた「ひまわり」や「それいゆ」といった雑誌を見ては絵を真似して描いていました。これがファッションに憧れを持ったきっかけですね。当時としては珍しく渡仏された時のことも載っていて、パリにも憧れを持ったのもこの頃からです。

ー文化服装学院では後に「花の9期生」と呼ばれていますが、1950年代は洋裁の男子学生がまだ少なかった時期ですね。

 洋裁学校に通いたくても入れなかったんですが、その思いは捨てきれなかったんですよ。地元神戸の大学に通う電車の中で「文化服装学院が男子学生の入学許可」というチラシを発見して、いてもたってもいられなくなって。でも両親には反対されてしまったので、夏休みにアルバイトをして上京し、東京の友達の下宿先に転がり込んでペンキ屋で働いて学費を貯めて、なんとか入学しました。それで2年目のデザイン科で一緒になったのが、コシノジュンコやニコルの松田光弘、ピンクハウスの金子功。もうすごい人たちばかりでしょう?ショックを受けましたね(笑)。でもライバルでありながら良き友達なので、人生において影響を受けています。

■店の名は「JUNGLE JAP」

ー渡仏してから1970年にパリでショーを開催したのは、日本人デザイナーとしては初めてでした。ちょうどパリがオートクチュールからプレタポルテに移行しはじめ、モード界が大きく動いていた時代ですね。

 ショーといってもお金がなかったので、全て手作りだったんですよ。仲間にはずいぶん助けてもらいましたが、最初の店を作る時に自分でペンキでジャングルの絵を描きました。なので店とブランドの名前は「JUNGLE JAP(ジャングル ジャップ)」にしたんです。オープンする前には服と案内状を持って雑誌社に飛び込み営業をして、三富邦子にモデルとしてでてもらいました、小さなショーでしたが、自分たちにとっては大きなスタートになったと思っています。

kenzotakada-interview-20160817_029.jpg

ー高田さんは、ショーで音楽を流した初めてのデザイナーとも言われていますね。

 はは(笑)。楽しい雰囲気にしたくて、当時流行っていた曲をラジカセでかけたんです。偶然ですね。

ーその頃のプレタポルテといえば合同展がメインだったかと思うので、いわゆる"パリコレ"の原型になったと言えます。

 お金はないし名前も知られてないし、若かったので何をやっても怖いもの知らずだったんですよ(笑)。1971年に3ブランドで合同ショーをやったのも初めてで、その後にサンディカの会長から話を受けて、複数のブランドで同じ時期に同じ場所でやりましょうという形になった。それが後にパリのファッションウィークになったので、まさに夜明けのような時期でした。

次のページは>>「KENZO」ブランドをLVMHに売却、デザイナーを退いた時に何を思ったか