Fashion

米FOREVER 21が2009年春に日本進出、原宿に1号店を出店

Image by: FOREVER 21
— ADの後に記事が続きます —

 アメリカのファッションチェーン「FOREVER 21(フォーエバー 21)」が、2009年春に日本に上陸し、東京・原宿に出店する事が明らかになった。

 1984年にアメリカ・ロサンゼルスに創業したFOREVER 21 INC.が展開するカジュアルファッションのチェーン店で、全米を中心に、カナダ、東南アジア、中国、韓国など世界におよそ400店舗を展開。最新のトレンドアイテムを短サイクルかつ低価格で提供することで10代後半〜20代の女性を中心に支持され、成長を続けている。日本へは2000年に三愛を通じて初出店を果たしたが、その後撤退していた。

 2009年春に、東京・原宿 明治通り沿いの「H&M(エイチ&エム)原宿店」の隣のビル、「new balance(ニューバランス)原宿店」の跡地に「FOREVER 21」第1号店の出店を計画し、その後、新宿、渋谷、銀座など主要都市への出店を検討していく。また同時に、日本向けのWEBサイトの開設を予定している。


 東京・原宿は、スウェーデンの「H&M」、日本のユニクロが展開する「UT」、イギリスの「TOPSHOP / TOPMAN(トップショップ / トップマン)」、アメリカの「GAP(ギャップ)」、スペインの「ZARA(ザラ)」等、世界のファストファッションブランドが軒を連ねる。「FOREVER 21」の参戦により更なる激戦区と化し、世界が注目するファッションマーケットの地となるだろう。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング