Fashion

「6+アントワープ・ファッション展」東京オペラシティで4月開催

アカデミーのロング・ルームでのファッションショー、1980年代 / Antwerp Academy, fashion show in the Long Room, 1980s / photographer unknown
アカデミーのロング・ルームでのファッションショー、1980年代 / Antwerp Academy, fashion show in the Long Room, 1980s / photographer unknown
Image by: 東京オペラシティ

 東京オペラシティアートギャラリーでは、2009年4月11日より「6+ (シックス・プラス) アントワープ・ファッション」展を開催する。

 世界が注目するアントワープ・ファッションの魅力と独自性を紹介する同展は、1980年代に登場したアントワープ王立美術アカデミー卒業生「アントワープの6人(アントワープ・シックス)」と、その次世代のデザイナーやクリエーターらを題材とした日本初の展覧会である。

 本展の題名の「6」とは、この「アントワープの6人ーDirk Bikkembergs(ダーク・ビッケンバーグ)、Ann Demeulemeester(アン・ドゥムルメステール)、Walter Van Beirendonck(ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク)、Dries Van Noten(ドリス・ヴァン・ノッテン)、Dirk Van Saene(ダーク・ヴァン・セーヌ)、Marina Yee(マリナ・イー)」に由来。「+」とは、彼ら6人とともに語られるMartin Margiela(マルタン・マルジェラ)と、次世代のデザイナーRaf Simons(ラフ・シモンズ)、Veronique Branquinho(ヴェロニク・ブランキーノ)、A.F. Vandevorst(A.F.ヴァンデヴォルスト)らを指し、また、デザイナーたちと創造的なコラボレーションを行ってきた写真家、スタイリスト、グラフィックデザイナー、メイクアップアーティストらのクリエーターたちを意味している。

 彼らの登場で一躍ファッションの中心地のひとつとなったアントワープ。2007年にブリュッセルで初めて開催されたこの展覧会では、アントワープ・ファッションの背景にある、王立美術アカデミーの徹底した教育や、クリエイターたちとの協働によるイメージ戦略、そして個々のデザイナーの強いアイデンティティ意識から未来のアントワープ・ファッションまでを伝える。また、これに同アカデミーの2008年最新の卒業制作を加え、写真やショーの映像など日本展独自の会場構成で紹介する。


■6+(シックス・プラス) アントワープ・ファッション  
 会期:2009年4月11日[土]- 6月28日[日]
 会場:東京オペラシティアートギャラリー(3Fギャラリー 1・2)
 開館時間:11:00 - 19:00(4月17日を除く金・土は20:00まで/最終入場は閉館30分前まで)
 休館日:月曜日(ただし5月4日は開館)
 入場料:一般1000円(800)円/大・高生800(600)円/中・小生600(400)円

 * 同時開催「収蔵品展029 女たち」(4F)、「project N37 阿部岳史」 (4Fコリドール)の入場料を含む。
 * ( )内は15名以上の団体料金。その他、閉館の1時間前より半額、65歳以上半額。土・日・祝日の中小生無料。
障害者手帳を持ちの方および付添1名は無料。割引の併用は不可。

 問合せ:03-5353-0756
 ウェブサイト:http://www.operacity.jp/ag/exh105/

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング