Business

全国のデパートが初の共同キャンペーン実施

 

 日本百貨店協会が、百貨店業界共同販促キャンペーンを2009年10月より実施することを発表した。

 このキャンペーンは、日本百貨店協会が初めて取り組む、業界をあげた催事企画となる。現在の消費不況や業態間競争の激化など、百貨店を取りまく厳しい環境を打開するための施策として、業界全体の活性化を図ることが目的だ。

 本キャンペーンでは、全国の百貨店が今年10月に一斉に仕掛ける共通のコアイベントとして「全国百貨店けんすいまく川柳」、「全国デパ地下 一押しグルメ プレゼント」、「百貨店ブランドショップへのご招待 プレゼント」という3つの企画を並行して実施する。

 「全国百貨店けんすいまく川柳」は、顧客から広く川柳を募集し、優秀作には商品をプレゼント。さらに、百貨店独自の告知媒体である「懸垂幕」を短冊に見立てて、優秀作を発表していくイベント。「全国デパ地下 一押しグルメ プレゼント」では、全国のデパ地下のおすすめ商品を一堂に集結して紹介し、顧客の希望を取って抽選でグルメ商品をプレゼントするという。そして「百貨店ブランドショップへのご招待 プレゼント」では、百貨店業界の特徴化要素である一流ブランドショップへのクーポン券が入った招待状がプレゼントされる。

 さらに、百貨店業界単独の取り組みではなく、共同でマーケティングを行う関係にある、アパレル業界やクレジットカード業界とのコラボレーションという事業にも特徴がある。これらの関係業界には、以前から消費喚起や来店促進に関する、なんらかの仕掛けが必要であることの問題意識があったという。そのため、今回コラボレーション会員として加盟する大手クレジットカード会社などは、積極的な協力意向を表明しているようだ。

 「百貨店を遊ぼう!」をキャッチコピーとしたこのキャンペーンは、秋冬シーズンの最盛期で百貨店の店頭が華やかになる2009年10月1日から31日までの1ヶ月間の実施が予定されている。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング