Fashion

デザイナー森下公則の新ブランド「08sircus(サーカス)」初披露

デザイナー森下公則 Image by 08sircus
デザイナー森下公則
Image by: 08sircus
— ADの後に記事が続きます —

 デザイナー森下公則氏が、新たにメンズブランド「08sircus(サーカス)」を発表。パリ、そして東京で、デビューコレクションとなる2010春夏シーズンの新作を披露した。

 森下氏は、「kiminori morishita」のデザイナーを退任後、2009年1月に自身の会社kiminori morishita garments lab inc.を設立。半年の充電期間を経て、テイスト、ディレクションを新たに「08sircus」を立ち上げた。

 軽さや柔らかさ、リラックス感を意識させるコレクションは、ジャケットやブルゾン、シャツ、ポロシャツ、カットソーなどフルコレクションでラインアップ。ホワイト、ブラックの他、グレー、ベージュ、ピンクなど、ニュートラルなカラーが中心。

 新ブランドの立ち上げに至った思いを「新しさが必要と感じた」と話す森下氏。ブランド名の「08」は、自身の子供の頃からの"つきもの"であるという蜂(ハチ)に由来している。幸せを呼ぶラッキーナンバーでもあるとのことだ。

 コンセプトについては、「自分が本当に着たいと思うもの。イージーでリラックスだけれど、シックでエレガントな服。強さを持っていたkiminori morishitaのイメージから目線を下げ、目に見えるラグジュアリーとは違う、リアルな感覚でちょっと先を行く新しい服を提案したかった。」と語る。

 森下氏は、「品質と着心地のよさは大前提。主に日本製のオリジナル素材を使い、特に軽さを意識した。これからも出来る範囲で最高のものを創り続けたい。」と話し、ブレのない姿勢で新たに挑んだコレクションに自信を覗かせた。


【画像】08sircusコレクション一覧:/collection/08sircus/

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング