Fashion

メイドが接客しコーディネート提案する ジーンズメイト新業態「アキバあそび館」オープン

「アキバあそび館」のメイドスタッフ Image by FASHIONSNAP
「アキバあそび館」のメイドスタッフ
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

 ジーンズメイトは、2009年12月11日15時、東京・秋葉原に新業態「アキバあそび館」を24時間営業でオープンする。オープニング企画として、アキバのメイドさんが売り場に大集合するほか、メイドスタッフの提案するコーディネートを購入すると割引特典が得られるなど、各種イベントが用意されている。

 創業50周年を迎えたジーンズメイトの節目を飾るビッグなオープンがこの「アキバあそび館」だ。1F〜6Fまで、総面積300坪を超える店舗は、過去最大規模となる。従来のジーンズメイトの、デニムアイテムを中心としたカジュアルウェアの品揃えに加え、アキバならではのグッズや雑貨類を取り揃えた。また、カジュアルフロアではメイドスタッフがメニュー表を手にファッションコーディネイトをアドバイスして、お買い物のサポートをしてくれるのも特徴だ。メイドスタッフは平日午後で常時2〜3名で、週末は人数を増やす。

 1Fは人気キャラクターの雑貨やおもちゃなどを集積し、2階はゲームやキャラクターグッズ、コスプレ雑貨など、3Fはジャパン文化を意識したTシャツやアパレル・服飾雑貨の"アキバ土産"、4・5Fはメイドが接客するカジュアルファッションのフロア(メンズのみ)、6Fは休憩に使えるフリースペースを展開。先行販売の「戦国BASARA」プリントTシャツ(\2,990)や、「ガチャピン・ムック」戦国バージョン プリントTシャツ(\1,990)、限定販売の「スヌーピー×秋葉原」コラボTシャツ(\1,990)をはじめとする、150柄を超えるオリジナルのおもしろプリントTシャツの展開も見所のひとつ。その他、人気ゲームキャラクターやアニメキャラクターの限定グッズなどを随時販売するほか、コスプレして来店すると特典を受けられる「コスプレ割」なども実施される。

 オープン企画として、11日〜13日の先着500名に劇場版映画「Fate(フェイト)」クリアファイルのプレゼントや、各アキバカフェのメイド仲間(約10名)が大集合して販売を応援、更にはメイドスタッフのコーディネート(2点以上)により1万円以上購入すると千円割引になったりと、様々なイベントが盛りだくさん。

 ジーンズメイト取締役副社長の西脇昌司氏は、新業態としての大きなポイントを「ジーンズだけではない、バラエティー雑貨などの仕入れ・販売による新しい商品群の開拓」とし、秋葉原への初出店について「秋葉原に出店する衣料品店が増えており、マーケットがあるとみて挑戦した。メイドスタッフの起用はアキバならではの話題作りでもあるが、その地域に合った取り組みでいかに盛り上がっていくか、実験店としての意味合いもある。結果が出れば、2店舗目も検討したい。」と話した。

 ジーンズメイトの「アキバあそび館」は、これまでにない「カジュアルファッション+雑貨・グッズ+土産品の融合ショップ」として、ワクワク感のある「あそび感覚」で楽しめるショップづくりを目指す。


■アキバあそび館
 住所:東京都千代田区外神田1-8-8岡嶋ビル1∼6階
 電話:03-3254-0370
 営業時間:24時間営業(年中無休)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング