Business

松坂屋名古屋駅前店が閉店へ

 J.フロント リテイリングは、松坂屋の100%子会社「松坂屋名古屋駅前店」の百貨店事業を2010年8月29日付で終了することを発表した。

 「松坂屋名古屋駅前店」は、名古屋ターミナルビルのキーテナントとして1974年11月に開店。同店は、近年の売上高では下方傾向にあるものの、利便性の高い駅に隣接した好立地という特性を活かし、集客力と知名度のある店舗として松坂屋の中でも重要な役割を担ってきた。

 同社は事業終了後、東海旅客鉄道株式会社と日本郵政グループ等でとりまとめられた、名駅一丁目1番地区における「まちづくり基本構想」に基づく開発計画により、2016年度半ばに、解体工事に着手する予定である。同店は、名古屋市の発展に繋がる新たな開発計画に協力するため、名古屋ターミナルビルの解体スケジュールに合わせ営業を終了する。

 尚、営業終了に係る損失は、2010年2月期連結会計年度において損失引当額を特別損失に計上する予定であり、現時点では5億円程度になるものと想定される。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング