Fashion

生まれ変わったユナイテッドアローズ原宿メンズ館!地下に新たな刺激空間「&SONS」誕生

ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 地下「UNITED ARROWS&SONS」エントランス
ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 地下「UNITED ARROWS&SONS」エントランス
Image by: Fashionsnap.com
 

 ユナイテッドアローズ(UA)は、2010年4月22日、「UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)原宿本店 メンズ館」全フロアの品揃えをそれぞれの新しいコンセプトもと再編集し、リニューアルオープンする。なかでも、「UNITED ARROWS&SONS(ユナイテッドアローズ&サンズ)」をコンセプトに掲げ内装も新たに生まれ変わった地下1Fフロアに注目だ。

 「ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館」はこの春、ブランドの強みである編集力を生かして今の時代に合ったフロア構成、商品構成、店舗環境を作り、新時代のライフスタイルストアへと生まれ変わる。地下1Fの大型改装を中心に、地上3階までの全フロアをそれぞれが新しいコンセプトとともに再構築。時代を超えてUAが信頼するブランドから、今旬なブランドや必須アイテム、また次世代を担う新進デザイナーズブランドまでを幅広くラインナップする。

 全フロアのコンセプトを手がけるのは、南青山のメンズセレクトショップ「Liquor, woman&tears(リカー、ウーマン&ティアーズ ※2009年2月閉店)」を手掛けていたバイヤー小木基史(こぎ もとふみ)氏。中でもリニューアルのキーとなるのは、「UNITED ARROWS&SONS」をフロアコンセプトに小木氏がバイイングからVMDまでの総監修を行った地下1Fフロアだ。コンセプト名の「SONS」は息子の意。クラシックな額縁に納められたディスプレイの背後にネオン管が光るなど、クラシックな雰囲気に今の要素を融合したモダンな空間が広がる。取り扱いは、UAのプライベートブランドをはじめ、「WTAPS(ダブルタップス)」「PHENOMENON(フェノメノン)」など話題のストリート系から、完売が続出している「A BATHING APE?(ア ベイシング エイプ?)」との新コラボレーベル「Mr. BATHING APE? by UNITED ARROWS」、その他国内外のメゾンブランドまで、あらゆるテイストのウェアやグッズが揃う。

 小木氏は、「UAには"変えてはいけないものを変えないために、変えるべきものを変えていく"という信念がある。UAはドレスやスーツが強み。地下の楽しめる空間で間口を広げてスーツの楽しさなどを伝え、全館で大人の男性のスタイルを取り戻したい」と語る。同館では今後、音楽やファッションと密接なカルチャーの魅力を伝えるイベントの開催も予定されている。20代前半から幅広い年代層の男性に向けて、各フロアごとUAが時代とともに培ってきたメンズスタイルをベースに、新しいスパイスや刺激となる「モノ」や「コト」をアクティブに提案していく。

 同館のリニューアルオープンに際し、世界中のファッションピープルのストリートスナップを紹介しているブログ「THE SARTORIALIST(http://thesartorialist.blogspot.com/)」を運営するフォトグラファーScott Schuman(スコット・シューマン)氏が初来日。内覧会に来場してスナップ撮影を行い、「クールなショップだね!セレクションがとてもいいよ。」とコメントした。なお、同氏は4月23日と24日も同館に訪れる予定で、来店者のスナップ撮影を行う。


■ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館
 住所:東京都渋谷区神宮前3-28-1 B1F-3F
 営業時間:平日 12:00〜20:00
 土・日・祝日: 11:00〜20:00
 電話:03-3479-8180
 http://www.united-arrows.jp/

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング