Fashion

Y-3から "走れるハイヒール" が登場

Y-3 Autumn/Winter 2010-11 Collectionより
Y-3 Autumn/Winter 2010-11 Collectionより
Image by: Y-3
— ADの後に記事が続きます —

 山本 耀司氏が手がける「Y-3(ワイスリー)」から、「adidas(アディダス)」独自の技術を駆使した機能的なシューズが登場した。ピンヒールとウェッジソール、それぞれに競技シューズで用いられる機能を採用。まさに "走れるハイヒール" の誕生だ。

 フットウェアの概念を一変させた「Y-3」の2010-11年秋冬シーズン。ブランド初のピンヒール「TORSION HEEL」とウェッジソール「CUSHION WEDGE」がそれを物語っている。最大の特徴である機能面は、「adidas」独自の「adiPRENE(アディプリーン)」を前足部からヒールに至るまで全面に配置。ピンヒールにある突き上げの防止と着地時の前足部への衝撃を吸収し、またウェッジソールにおいても着地時の衝撃から足への負担を軽減させる役割を担っている。ヒール部分には「adidas」独自の軽量アーチサポートシステム「TORSION SYSTEM(トルションシステム)」を内蔵。中足部が適度にねじれて路面に柔軟に順応するのを助け、なおかつ余分なねじれを抑制して着地の安定性を促進するという革新的なシステムだ。これは主に競技シューズに用いられる機能だが、ピンヒールシューズとしては「Y-3」が初めての採用となる。

 デザインは、スポーティーなメッシュ素材とレザーとのコンビネーションが特徴。パープルやシルバー、ネオンオレンジなど発色の良いカラーリングをエナメルレザーへ落とし込んで存在感を強調し、大胆さの中にも優雅さを演出。高い機能性とデザイン性を両立させたこれらのシューズは、アクティブな女性の足をサポートする未来形ハイヒールといえよう。


■Y-3 Autumn/Winter 2010-11コレクション詳細はこちら
 ヨウジ ヤマモトがノックダウン!エキサイティングな「Y-3」2010-11年秋冬コレクション
 https://www.fashionsnap.com/news/2010/02/yhoji-yamamoto-ny-collection.html

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング